等々力渓谷の等々力不動尊(満願寺の別院)の参拝録(東京都世田谷区)桜の名所

寺社
この記事は約2分で読めます。

関東三十六不動尊霊場の第17番

この日は曇り。
尾山台駅から、最初の目的地「丸山珈琲」でコーヒーを飲んで散歩。
せっかくなので、等々力不動尊へ。
途中、環八沿いに移った、有名な「オーボンヴュータン (Au Bon Vieux Temps)」を横目に、目的地へ。
意外と近く、門へ到着。

桜が満開だった。

等々力不動尊は満願寺の別院である。
(満願寺の本院には江戸時代の万能の天才・細井廣澤の墓所がある。)
800年前に興教大師が夢を見て、武蔵国に不動明王像を安置する場所を探し続けた。
豊富な水量を流す等々力の滝を見て、霊地と悟り、不動堂を創建したのが始まりとされる。
不動像は1300年前の作といわれている。関東三十六不動尊霊場の一つ。

真言宗中興の祖興教大師様が夢のお告げにより開かれた霊場です。
ある時、興教大師様が信心する役之行者作の御不動様が夢に現れ、関東に霊地があると告げられます。その御不動様を背負って関東に入ると夢と同じ渓谷があり、錫杖で岩をうがつと玲瓏と瀧が流れ出しました。そこに捧持の御不動様を安置したのが等々力不動尊の始まりです。

正式名称:滝轟山(りゅうごうさん)明王院
本尊:不動明王
宗派:真言宗智山派

住所: 〒158-0082 東京都世田谷区等々力1丁目22−47
電話:03-3701-5405

写真ギャラリー

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました