臨済宗大本山の円覚寺:大方丈、妙香池や国宝「舎利殿」「洪鐘(おおがね)」など

瑞鹿山円覚興聖禅寺

円覚寺の創建年は鎌倉時代の弘安5年(1282年)、開基が北条時宗、開山は無学祖元による。正式名は瑞鹿山円覚興聖禅寺。

北鎌倉駅すぐそばにあるので、まず立ち寄ってみたいところ。
すぐに総門に向かうのではなく、線路の手前から参道が始まるので、そこからスタート。

白鷺池(びゃくろち)。総門の前にある左右対称の池。
1889年(明治22年)にJR横須賀線が開通したことによって、池の半分以上が破壊されてしまったそうだ。
もったいない…。
伝説では、円覚寺開山の無学祖元(仏光国師)が鶴岡八幡宮の神の使いが白鷺に身を変えて案内したという故事に因む。
円覚寺庭園が国指定の史跡・名勝となっている。指定範囲は白鷺池付近と妙香池付近の2か所。1932年(昭和7年)指定。

総門を抜けて三門(山門)へ向かう。天明5年(1785年)に大用国師誠拙周樗が再建したものと言われる。
三門は三解脱さんげだつ(空くう・無相むそう・無願むがん))を象徴するといわれる。
「円覚興聖禅寺」の扁額は、北条貞時の時代に伏見上皇(1265〜1317)より賜ったものとのことで、楼上には非公開の十一面観音、十二神将、十六羅漢が祀られている。

そのまま進んでいくと仏殿に着く。
昭和39年(1964年)再建。元亀4年(1573年)の仏殿指図に基づいて建てられている。
堂内には本尊の宝冠釈迦如来像や梵天・帝釈天像などを安置している。
本尊は冠を被っているので、宝冠釈迦如来と呼ばれているとのこと。

円覚寺を訪れたら、次には東慶寺浄智寺、明月院、建長寺などがおススメ。それぞれが歩いて行ける範囲内なので、鎌倉散歩に良いと思う。

◎東慶寺

東慶寺 江戸時代に縁切り寺として知られたお寺
多くの時代小説で登場する縁切り寺である。江戸時代には群馬県の満徳寺と共に幕府寺社奉行も承認する縁切寺として知られた。女性の離婚に対する家庭裁判所の役割も果たしていた。

◎浄智寺

浄智寺 鎌倉五山第四位 鎌倉・江の島七福神(布袋尊)
浄智寺(鎌倉五山第四位)の紹介と写真の掲載。五代執権北条時頼の三男宗政の菩提を弔うため、夫人と子師時が創建した。鎌倉江ノ島七福神の一である布袋の石像をまつる洞窟がある。

◎建長寺

建長寺 鎌倉五山第一位
建長寺の紹介と写真の掲載。国の史跡および名勝に指定されている方丈の裏。広い廊下から庭園を眺める。春先に来れば、もっと綺麗だったろうに・・・季節は秋。建長寺(けんちょうじ)。鎌倉五山の第一位。

山号 瑞鹿山(ずいろくさん)
宗派 臨済宗円覚寺派
寺格 大本山 鎌倉五山二位
本尊 宝冠釈迦如来
札所等 鎌倉観音霊場第三十三番 鎌倉地蔵霊場十四番 東国花の寺百ヶ寺 鎌倉11番
文化財 舎利殿・梵鐘(国宝)など

動画

国宝「舎利殿」へ

この大方丈から舎利殿に向かうあたりが円覚寺のメインテラスのような感じがする。

方丈から妙香池(みょうこうち)へ。
方丈は本来は住職が居住する建物。現在は各種法要の他、坐禅会や説教会、夏期講座等の講演会や秋の宝物風入など、多目的に使われている。

妙香池(みょうこうち)は夢窓疎石作と伝える庭園の遺構である。
創建当初よりある放生池。江戸時代初期の絵図に基づき、平成12年(2000)に方丈裏庭園と合致した自然の姿に復元。向こう岸の露出した岩盤を虎の頭に見立てて、「虎頭岩ごとうがん」と呼んでいる。
円覚寺庭園が国指定の史跡・名勝となっている。指定範囲は白鷺池付近と妙香池付近の2か所。1932年(昭和7年)指定。

妙香池を過ぎて、少し先にあるのが「舎利殿」(国宝)。
源実朝が宋の能仁寺から請来した「佛牙舎利(ぶつげしゃり)」というお釈迦様の歯が祀られているという。
鎌倉時代に中国から伝えられた様式を代表する、建物として国宝に指定。また、神奈川県唯一の国宝建造物。
通常は非公開。正月3が日と11月3日前後に外観のみが公開される。

開基廟や黄梅院など

舎利殿を過ぎると、なんだか山寺の雰囲気。
その入り口にあるのが、開基廟。仏日庵(ぶつにちあん)といわれる8代執権北条時宗の廟所(開基塔)である。
9代執権貞時・14代執権高時も合葬されているそうだ。本尊は地蔵菩薩。
北条氏滅亡後は衰退したが、室町時代に鶴隠周音が再興して塔頭とした。
開基廟には十一面観音坐像(鎌倉観音霊場第三十三番)と北条時宗・貞時・高時の木像を安置。
境内の茶室烟足軒は、川端康成の小説『千羽鶴』に登場する茶室のモデルとなったという。

奥に進むと、黄梅院(おうばいいん)が見える。ここがこの寺の一番奥だろうか。静かである。
第15世夢窓疎石(夢窓国師)の塔所。山号は伝衣山。本尊は千手観音。
文和3年(1354年)、華厳塔(三重塔)の跡地に夢窓の弟子の方外宏遠が開創とのこと。

総門へ戻る途中、法堂跡を見つける。法堂とは、住持が説法をする場所。
円覚寺では1323年に9代執権北条貞時の13回忌法要に合わせて法堂が建立されたが、応安の全山焼亡(1374年)により焼失している。

そこを過ぎ、居士林に。居士林は禅を志す在家のための専門道場。
東京の牛込にあった柳生流の剣道場を昭和3年(1928)柳生徹心居士が寄贈し、移築したもの。

そして、総門近くの桂昌庵(けいしょうあん)へ。この日、弓道をやっており、人だかりがしていた。
こうした規模の寺に弓道場があるとは正直驚いた。
閻魔十王像を祀ることから、閻魔堂または十王堂とも呼ばれる。

洪鐘と書いて「おおがね」と読む

弁天堂と洪鐘へは総門から三門を見て右手にある鳥居をくぐって長い石段を登った先にある。

ここからの眺めが良い。
弁天堂のわきに茶屋があるので、一休みするのもよし。
下の円覚寺の雰囲気とは全然異なり、別個の雰囲気である。

江ノ島弁財天の加護によって洪鐘の鋳造が完成したと伝えられるため、弁天堂は江ノ島弁天と関係が深いそうだ。
北条貞時が洪鐘とあわせて弁天堂を建立し、円覚寺の鎮守としたという。

洪鐘(おおがね)は関東で最も大きい洪鐘(高さ259.5cm)で、国宝に指定。
円覚寺の開基である北条時宗の子である貞時が正安3年(1301)、国家安泰を祈願して寄進したもの。

地図

〒247-0062 鎌倉市山ノ内409
TEL:0467-22-047