本光寺の参拝録(東京都品川区)国道沿いにあるお寺は徳川家光と沢庵宗彭にまつわる逸話がある

史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

国道沿いにあるちょっとしたお寺

顕本法華宗系の単立寺院。

古い頃は真言の寺であった。
室町時代、日什上人の時に、日蓮の弘法を慕って今の宗風に改め法華道場とし、経王山本光寺と改称した。

慶安の頃、徳川家光が鷹狩りの際に訪れ、松の寺と上意があった。昔は境内に松の古木が多くあったそうだ。
また、家光が本光寺18世・日啓と増上寺・意伝が東海寺・沢庵宗彭の立会いのもと、念仏無間の問答(品川問答)をしたとされる。

宗派:顕本法華宗系単立
本尊:釈迦如来

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました