赤坂見附跡の訪問録(東京都千代田区)江戸城の「江戸城三十六見附」のひとつで地名の由来となる史跡[国の史跡]

史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。

スポンサーリンク

赤坂見附跡

赤坂見附。江戸城の「江戸城三十六見附」のひとつ。

見附とは主に城の外郭に位置し、外敵の侵攻、侵入を発見するために設けられた警備のための城門のことで、江戸城には外濠および内濠に沿って36の見附があったとされている。赤坂見附はそのうちのひとつで、他に現在に名を残すものとしては四谷見附(四谷)、市谷見附(市ヶ谷)などがある。

江戸時代の寛永13年(1636)。筑前福岡藩主黒田忠之により石垣が作られ、3年後に門が完成した。江戸城外堀跡として国の史跡になっている。

この赤坂見附は、他のところに比べて凹んだところにある。もともと、周辺が湿地帯で、溜池があったので、城門を造ろうとすると大がかりな工事が必要となり、割に合わないと判断されたようだ。当時、幕閣において、意見が対立し、最終的には現在の赤坂見附跡に建設されるのだが、反対派だった井伊直孝をなだめるために、将軍・徳川家光が井伊邸に出向いたという。

赤坂見附跡の案内図
赤坂見附跡

明治初期の赤坂御門の様子
赤坂見附跡

石垣
赤坂見附跡

赤坂見附跡

赤坂見附跡

スポンサーリンク

「江戸城三十六見附」

江戸城外堀跡の訪問録[国の史跡]
江戸城外堀跡 国史跡「江戸城外堀跡」は新宿区・千代田区・港区にまたがり、飯田橋駅(牛込門)から赤坂見附(赤坂門)までの約4kmに及ぶ。より具体的には、牛込見附から赤坂見附までの幅約120m、延長約3.3kmと虎ノ門地区の3ヵ所...
スポンサーリンク

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました