月待の滝ともみじ苑の訪問録(茨城県大子町)別名「裏見の滝」または「くぐり滝」

景勝地
この記事は約1分で読めます。

月待の滝

久慈川の支流大生瀬川にある。
普段は二筋の夫婦滝で、水量が増えると子滝が現れて親子滝になるそうだ。
高さ15メートル、幅10メートル。

親子滝になるため、古くから安産、子育て、開運を祈る二十三夜講(二十三夜の月の出を待って婦女子が集う)の場とされた。そのため、月待の滝と呼ばれ、胎内観音をお祀りしている。

水に濡れることなく滝の裏に入ることができるとこから、別名「裏見の滝」または「くぐり滝」ともいわれる。

袋田の滝を見物した後に、少し足を延ばしてこの滝を眺めるのがおススメ!

写真ギャラリー

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました