根津神社 日本武尊が創祀したと伝える古社 東京十社と天下祭

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

根津権現

1900年ほど前に日本武尊が創祀したと伝える古社。

東京十社の一社。

境内はツツジの名所として知らている。

社殿は宝永3年(1706年)の創建である。社殿7棟が国の重要文化財に指定されている。

例大祭は天下祭の1つ。

主祭神 : 須佐之男命、大山咋命、誉田別命

〒113-0031 東京都文京区根津1丁目28−9

乙女稲荷神社と駒込稲荷神社

根津神社内にある乙女稲荷神社と駒込稲荷神社。

乙女稲荷神社 – 祭神:倉稲魂命
駒込稲荷神社 – 祭神:伊弉諾命、伊弉冊命、倉稲魂命、級長津彦命、級長戸辺命

徳川家宣胞衣塚

第6代将軍・家宣の胞衣(胎児を包んだ膜と胎盤)を埋めた塚。
根津神社が甲府藩邸であった時に家宣が生まれたことに由来する。

庚申塚と力石・賽の大神碑

庚申塚と力石。
塚に集められた丸い石は力石。

奥に見えるのが塞大神碑。
元々は本郷追分(東大農学部前の中山道・日光御成街道分岐路)に祀られていた道祖神。

地図

タイトルとURLをコピーしました