【式内社】那須温泉神社の参拝録(栃木県那須町)殺生石に隣接する古社

那須温泉神社拝殿史跡・遺跡
この記事は約3分で読めます。
那須温泉神社拝殿

舒明2年(西暦630年)創立。古社である。式内社(論社)とされるので、由緒ある神社である。

論社であるが、式内社だとすると、古来よりこの那須岳への道が拓けていたことになる。

麓からは車でも30分以上はかかるので、古の人はなぜこんな辺鄙な所に神社を建てようと思ったのかと、変に感心してしまう。

当時は人口も少なく、日本全国で1,000万人いるかいないかの時代だったことを考えると、尚更、不思議を感じざるを得ない。

そばに殺生石があるので、殺生石の存在を祟りと捉えて、それを鎮めるために建てられたのだろうか。

殺生石の伝説と、当社の創立との時系列が合わないのは興味深い。

とはいっても、殺生石がそばにある事実には変わりがないので、なんらかの関係はある。

活火山である那須岳に対する山岳信仰と、それを象徴する異形の石「殺生石」への畏敬の念が信仰へ発展したものか。

山を下ってだいぶ離れたところにもう一つの論社がある。

もう一つの論社は、火山噴火の際には影響を受けにくい場所を選んだのかもしれない。

二社は役割を異にするだけで、古代においては一体のものだったのかもしれない。

鳥居

鳥居の右奥に殺生石がある。右斜手前に温泉の鹿の湯がある。

那須温泉神社の大鳥居
那須温泉神社の大鳥居
那須温泉神社の大鳥居
那須温泉神社の大鳥居周辺

祭神

祭神:大己貴命、少彦名命、誉田別命

祭神の大己貴命は大国主命の別名。大国主命は国譲りで知られる神さまである。

古代に発見された温泉の多くは、大己貴命(大国主)と少彦名神が発見したと言われるため、温泉神社の祭神として祀られることが多い。

延喜式神名帳には温泉に関する式内社が10社ある。「温泉神社」が3社、「温泉石神社」「湯泉神社」「湯神社」「御湯神社」「玉作湯神社」が各1社。

那須の温泉というのは、古来から知られた由緒ある温泉ということである。

歴史

発見

温泉は舒明2年(630)、狩野三郎行広が白鹿を追い続け那須湯本にたどりつき、矢傷を受けた鹿が温泉の湧き口に浸かっているのを発見したのが始まりといわれている。

明治時代以前には那須のほか、板室、三斗小屋、大丸、北、弁天、高雄が発見され、那須七湯と呼んでいた。

明治時代に八幡温泉、大正時代に、旭、飯盛、郭公が発見され、大丸温泉の湧出湯を自然流下によって引用した新那須温泉を加えて那須十二湯と呼ばれていた。

現在では、やや離れた板室を除いて、那須十一湯とされている。

奈良時代

那須温泉が初めて文献に現れるのは、奈良時代の天平10年(738)に著された正倉院文書「駿河国正税帳」。

小野朝臣が従者12人を伴って湯治のため那須温泉に向かうという記述がある。

すでに当時の都だった奈良まで那須温泉が知られていた。

平安時代

平家物語で那須与一が唱えた「那須湯前大明神」は当社ではないかと言われている。

また、那須与一が源平合戦の折、那須温泉神社に戦勝祈願をして扇の的を射て功を上げた話が残っている。

鎌倉時代

鎌倉時代の建久4年(1193)に源頼朝が那須野の狩りの際に入湯したとされる。

また文永2年(1265)には日蓮上人が病気療養のため湯治に訪れている。

江戸時代

江戸時代に入ると、元禄2年(1689)に松尾芭蕉が、おくのほそ道の道中で入湯したと伝えられる。

境内案内

参道のすぐ右にある社

鳥居をくぐってすぐ右にある社。

那須温泉神社の大鳥居

参道

那須温泉神社の参道

那須温泉神社案内図
那須温泉神社二の鳥居
那須温泉神社の二の鳥居
那須温泉神社参道
那須温泉神社社務所

参道を歩いていくと

那須温泉神社の参道を歩いていくと

那須温泉神社御神木
那須温泉神社由緒板
那須温泉神社参道

本殿

那須温泉神社の本殿

那須温泉神社拝殿
那須温泉神社

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました