永寿山海福寺の参拝録(東京都目黒区)下目黒の黄檗宗の寺院

海福寺の門史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

目黒駅はまだまだ先

天恩山五百羅漢寺を過ぎて、次に立ち寄ったのが、海福寺。

明から来た僧・隠源(いんげん)が江戸時代の万治元年(1658)に江戸深川に開創した黄檗宗(おうばくしゅう)の寺が起源。明治43年に移転。
山門の赤い四脚門は明治後期に上落合の泰雲寺から移建したもの。

宝筺印塔「永代橋沈溺諸亡霊塔」は文化4年(1807)永代橋落死者供養のために建てられたもの。

梵鐘は天和3年(1683)江戸の藤原正次の作。

目黒区下目黒3-20-9

宗派:黄檗宗
本尊:釈迦牟尼仏

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました