池波正太郎の「仕掛人・藤枝梅安 第1巻 殺しの四人」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント

★★★★★★★★☆☆

仕掛人シリーズの第一弾。

藤枝梅安と彦次郎の二入の過去が随所に散りばめられ、二人の背景となる事柄がこの一冊でおよそ分かる。また、仕掛人の世界に独特の言葉も解説されており、今後のシリーズを読む際の助けになるだろう。

また、今後このシリーズの脇を固める香具師の元締連中の名前も登場している。

このシリーズの魅力の一つは、食べ物であろう。梅安と彦次郎が日常的に食べているものが、随所に出てくるが、これがまた旨そうなのである。

最後に、池波正太郎池波正太郎
はこの仕掛人・藤枝梅安シリーズ以外にも、仕掛人を登場させる短編・長編を書いているので、合わせて読むと面白さが倍増するはずである。

藤枝梅安…仕掛人、表家業は鍼医者
彦次郎…仕掛人、表家業は楊子つくり⇒『殺しの掟』の「梅雨の湯豆腐」がモデルと思われる
小杉十五郎…剣客、仕掛人⇒『剣法一羽流』の「闇討ち十五郎」がモデルと思われる
おもん…橋場の料亭「井筒」の女中
宗六…「鮒宗」亭主
堀本桃庵…北本所・表町の外科医
おせき…梅安の身の回りを世話をする婆さん
金蔵、おだい…下駄屋の夫婦
(津山悦堂…鍼医者、梅安の師)

【香具師の元締達】
白子屋菊右衛門…大坂の香具師の元締 参考:『鬼平犯科帳
山城屋伊八…白子屋菊右衛門の手下
萱野の亀右衛門…元香具師の元締、現在隠居
音羽の半右衛門…香具師の元締
(羽沢の嘉兵衛…香具師の元締:名前だけの登場)
五名の清右衛門…羽沢の嘉兵衛の右腕
(芝の治助…香具師の元締:名前だけの登場)

内容/あらすじ/ネタバレ

おんなごろし

藤枝梅安は赤大黒の市兵衛から殺しの依頼を受ける。殺す相手は料理屋万七の女房おみのである。かつて、梅安は万七の女房を仕掛人として殺したことがある。

だから、おみのは万七の後添えとなる。同じ店の女房を再び殺すことに不思議な因縁を感じる。と、同時に今度は香具師の元締・羽沢の嘉兵衛の右腕・五名の清右衛門から仕掛を頼まれる。

相手は大名家の家臣・伊藤彦八郎という。こちらは多少時間がかかっても良いとのことである。

梅安はおみのの殺しに取りかかるが、そのおみのは梅安の妹であった。梅安はおみのを殺すことが出来るのか。

殺しの四人

梅安は、仕掛が終わると湯治に出るのを常としていた。今回は熱海でゆっくりとしていた。その熱海で梅安をみてハッとした武士がいた。そして、梅安は江戸に戻ると仕掛人仲間の彦次郎に熱海から付けられていることを告げた。

梅安はかつてある女を殺し、その夫から恨みを買っていた。まだ仕掛人になる前のことである。武士はまさにその夫であった。

梅安と彦次郎はこの武士を返り討ちにするために、ある作戦を実行する。梅安と彦次郎の作戦はうまくいくのか?そして、依頼を受けていた伊藤彦八郎の仕掛はどうなるのか?

秋風二人旅

梅安と彦次郎は伊勢参りに上方へと旅に出た。梅安は鍼の修行を京で行ったことがあるため、上方には詳しかった。

途中、彦次郎の顔が変わる出来事が起きた。彦次郎の女房と子供を殺した武士を見つけたのだ。興奮して冷静さを失っている彦次郎に対して、冷静な梅安は、その武士の跡を付けるが、どうにも納得がいかない。

その武士が彦次郎の女房子供を殺したようには思えないのだ。梅安はその武士と直接話す機械を得た。そして、その武士の弟が彦次郎の恨みの男であることを確信した。

後は知らない

江戸に戻るのに、若干手許不如意になった二人。ちょうどその時に白子屋菊右衛門から仕掛の依頼を受ける。相手は、金子又蔵という。剣術使いで一筋縄ではいかない相手とのことであった。

梅安と彦次郎は仕掛のために金子又蔵のもとへ向かうが、状況がおかしい。金子又蔵が病気で苦しんでいるのである。梅安は鍼医者として治療をしてみるものの、手には負えない状態であった。

梅安晦日蕎麦

江戸に戻った二人は、それぞれの家に落ち着いた。しかし、彦次郎のもとに早速田中屋久兵衛から仕掛の依頼が来る。この田中屋には彦次郎は頭が上がらない。かつて、彦次郎が病気のときに、本来は仕掛の頭金になる金を、見舞い金として彦次郎に与えたからである。

彦次郎はこの田中屋から石川友五郎という男の仕掛を頼まれる。仕掛の掟として、世のためにならない者を殺すというのがあるが、この仕掛は果たしてそうなのか?

本書について

池波正太郎
殺しの四人
仕掛人・藤枝梅安
講談社文庫 約二四〇頁
短編連作
江戸時代

目次

おんなごろし
殺しの四人
秋風二人旅
後は知らない
梅安晦日蕎麦

登場人物

おんなごろし
 赤大黒の市兵衛…娼家の顔役
 おみの…料理屋万七の女房
 伊藤彦八郎…有馬藩家臣

殺しの四人
 佐々木八蔵…仕掛人 井上半十郎…仕掛人

秋風二人旅
 峯山又十郎…松平甲斐守家来
 井坂惣一…峯山又十郎の弟
 木村平次…井坂の仲間

後は知らない
 金子又蔵
 佐川久馬

梅安晦日蕎麦
 田中屋久兵衛…人入れ家業
 石川友五郎
 お千枝
 嶋田大学秀現…将軍家御側衆