時間

日本橋本石町の裏にある本石町新道は通称「鐘つき堂新道」と呼ばれた。時の鐘があったからである。時の鐘とは、文字通り時計のことである。
江戸時代、日本は唯一アジアで時計を使っていたそうだ。ただし、現代の定時法とは異なり、不定時法だった。季節によって変わるのを不定時法という。
「六ッ時」とは日の出、日の入りを指すが、日の昇没は毎日変わる。そのため、時計の方を調節し、暦の時間に合わせる必要があった。その調節をしていた人を時計師と呼んでいた。
当時、時計は高価なもので、庶民が持てるものではなかった。そこで、一六二六年(寛永三年)から時計を見ながら鐘で時を知らせていたのである。
最初の時の鐘が本石町の鐘である。ここから始まり、本所、上野、芝、浅草、目白、赤坂、市ヶ谷、四谷に設けられた。
最初三つ打ち、次に時の数を打ったという。
現在では聞かれないときの鐘だが、ヨーロッパでは教会の鐘がいまだに時を告げるのを考えると、鐘で時を告げるのは洋の東西を問わない発想だったらしい。
時刻(中央標準時)
春分2月中  夏至5月中  秋分8月中  冬至11月中
(3月21日)  (6月21日)  (9月23日)  (12月22日)
明六つ  5:09      3:49      4:54      6:11
六つ半 6:16      5:08      6:01      7:06
朝五つ  7:22      6:27      7:07      8:01
五つ半 8:29      7:46      8:14      8:56
朝四つ  9:36      9:05      9:20      9:50
四つ半 10:43     10:24     10:27     10:45
昼九つ  11:49     11:42     11:34     11:40
九つ半 12:56     13:01     12:41     12:35
昼八つ  14:03     14:20     13:47     13:29
八つ半 15:10     15:39     14:54     14:24
夕七つ  16:16     16:58     16:00     15:19
七つ半 17:23     18:17     17:17     16:14
暮六つ  18:29     19:36     18:13     17:08
六つ半 19:23     20:17     19:07     18:14
夜五つ  20:16     20:58     20:00     19:19
五つ半 21:10     21:39     20:54     20:24
夜四つ  22:03     22:20     21:47     21:29
四つ半 22:56     23:02     22:40     22:35
暁九つ  23:49     23:43     23:33     23:40
九つ半 0:43      0:24      0:27      0:45
暁八つ  1:36      1:05      1:20      1:50
八つ半 2:30      1:46      2:14      2:56
暁七つ  3:23      2:27      3:07      4:01
七つ半 4:16      3:08      4:01      5:06

【このページの参考文献】
平川陽一「『時代小説』を読むキーワード事典」PHP文庫
逢坂剛「重蔵始末」講談社文庫付録
田中優子「江戸を歩く」集英社新書

タイトルとURLをコピーしました