津本陽とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1929 - )
津本陽(つもとよう)。小説家。本名は寅吉(とらよし)。
和歌山県和歌山市生まれ。旧制和歌山一中(和歌山県立桐蔭高等学校)を経て、東北大学法学部卒。
同人誌「VIKING」で活動し、1978年に故郷和歌山を舞台にした「深重の海」で第79回直木三十五賞を受賞。
剣豪小説で人気を得て、歴史小説へと幅を広げた。歴史を題材にした随筆もある。
代表作に信長、秀吉、家康を描いた「下天は夢か」「夢のまた夢」「乾坤の夢」の夢三部作などがある。
剣道の有段者で、居合もする。
1978年「深重の海」で第79回直木三十五賞
1993年和歌山県文化賞
1995年「夢のまた夢」で第29回吉川英治文学賞
1997年紫綬褒章
2005年第53回菊池寛賞

紹介している小説

  1. 龍馬(一) 青雲篇
  2. 龍馬(二) 脱藩篇
  3. 龍馬(三) 海軍篇
  4. 龍馬(四) 薩長篇
  5. 龍馬(五) 流星篇

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする