金庸の紹介と作品・著書

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

略歴

(1924-2018)
金庸(きんよう)。中国の小説家。浙江省海寧県生まれ。

本名は査良鏞。金庸とは筆名で、鏞の字を偏と旁に分けたもの。

1955年に「書剣恩仇録」を発表。1972年に断筆するまで15作品の長篇武侠小説を創作。

武侠小説を代表する作家で、中国、香港、台湾など世界の中華世界に12億人の読者を持つといわれる。

香港の「明報」とシンガポールの「新明日報」の創刊者でもある。

金庸、梁羽生、古龍の3人が新武侠小説の3大作家と呼ばれる。

スポンサーリンク

金庸の小説(15作品)

  1. 書剣恩仇録(1955年)
  2. 碧血剣(1956年) 
  3. 雪山飛狐(1957年)
  4. 射鵰英雄伝(1957年)
  5. 神鵰俠侶(1959年、邦題:神鵰剣俠)
  6. 飛狐外伝(1960年)
  7. 倚天屠龍記(1961年)
  8. 鴛鴦刀(1961年)
  9. 白馬嘯西風(1961年、邦題:白馬は西風にいななく)
  10. 連城訣(1963年)
  11. 天龍八部(1963年)
  12. 俠客行(1965年)る
  13. 笑傲江湖(1967年、邦題:秘曲 笑傲江湖)
  14. 鹿鼎記(1969年)
  15. 越女剣(1970年)
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました