池宮彰一郎の紹介と作品・著書

この記事は約1分で読めます。

略歴

(1923 – 2007)
池宮彰一郎(いけみや しょういちろう)。
本名は池上金男。
日本の脚本家、小説家。
東京都生まれ。静岡県沼津市に育つ。
静岡県立沼津商業高等学校卒。
戦争中は満州で陸軍に徴兵される。
戦後三村伸太郎の師事を経て、映画脚本家となる。
1992年「四十七人の刺客」で第12回新田次郎文学賞
1999年「島津奔る」で第12回柴田錬三郎賞を受賞。

映画化された作品

1994年

2010年

作品一覧

  1. 四十七人の刺客
  2. 四十七人目の浪士 (= 「最後の忠臣蔵」)
  3. 高杉晋作
  4. 風塵
  5. その日の吉良上野介
  6. 島津奔る
  7. 遁げろ家康
  8. 受城異聞記
  9. 本能寺
  10. 天下騒乱 鍵屋の辻
  11. 辛亥革命
  12. 平家
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました