京極夏彦とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

略歴

(1963 - )
京極夏彦。
小説家、妖怪研究家、アートディレクター。
北海道小樽市出身。
世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。
1994年「姑獲鳥の夏」を講談社に持ち込み、デビュー。
1996年「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞(長編部門)。
1997年「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花文学賞
2003年「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞
2004年「後巷説百物語」で第130回直木三十五賞
2011年「西巷説百物語」で第24回柴田錬三郎賞

映画化された作品

2003年
映画「嗤う伊右衛門」の紹介
原作「嗤う伊右衛門」の紹介

紹介している小説

  1. 嗤う伊右衛門

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする