海音寺潮五郎とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1901-1977)
海音寺潮五郎。作家。鹿児島生まれ。國學院大學高等師範卒業後、京都府立二中教諭を務めた。

1929年「うたかた草紙」でサンデー毎日の懸賞小説に当選大衆文芸入選。
1933年「風雲」でサンデー毎日の創刊十周年記念長編小説募集に当選。
1934年サンデー毎日の大衆文芸賞。
1936年「天正女合戦」「武道伝来記」他で第3回直木賞。
1968年第16回菊池寛賞。紫綬褒章。
1973年第24回NHK放送文化賞。文化功労者。
1977年第33回日本芸術院賞文芸部門。大口市名誉市民。

類い希な歴史知識と独自の史観で、多くのすぐれた歴史小説、史伝を書き残した。日本の歴史のみならず、中国の歴史にも造詣が深く、多くの作品を残している。

書かれているものは、大雑把に言えば次のようになるだろうか。
・中世日本:「平将門」「海と風と虹と」「蒙古来る」を中心とする作品群。
戦国時代:「天と地と」「新太閤記」を中心とする作品群。
・幕末:「西郷隆盛」「寺田屋騒動」を中心とする作品群。
・史伝:「武将列伝」「悪人列伝」を中心とした史伝もの。
・中国もの:「孫子」を中心に数編。

他に江戸時代を描いた作品群もある。

史伝もの

さて、海音寺潮五郎の作品群の中で重要な作品群が、史伝ものである。

史伝は、歴史として伝えられてきた記録や伝記のことであるが、中には文学的な要素がふんだんに盛り込まれているものもある。この文学的要素を排除し、他の史料とも照らし合わせ、科学的手法によって歴史を浮かび上がらせるのが学問である。対して、この文学的要素を排除せずに、さらに他の史料や戯画的要素を取り入れ、不足部分を作家の想像力で埋めていく作業が歴史小説であるといえる。

とすると、海音寺潮五郎の史伝は、この中間に位置するものということができると思う。学問的な厳密さはないものの、小説的なデフォルメやフィクションもほとんどない。ほどよい感じの読物となっているのである。

だから、海音寺潮五郎の史伝を読み、同じ人物について語られている歴史小説を読むと、その歴史小説の面白さに新たなスパイスが加わると思う。取り上げている人物も、短編で語られており読みやすいと思う。

本書を読んで、その人物に惹かれたのであれば、研究家による他の史伝や他の小説家による小説を読むのもよいだろうと思う。本書は歴史ものを楽しむ足がかりになる作品群だと思う。

また、この史伝で、海音寺潮五郎の好みの一端がうかがい知れる。

概して、竹を割ったようなスッキリとした人間が好きなようである。有り体に言えば、直情的な側面があり、潔い人物が好みのようである。その反対に、策謀がすぎ、執着心の強すぎる人間は嫌いなようである。

前者に相当するのが蒲生氏郷やこの史伝では扱われていないが上杉謙信だろう。そして、後者の代表が武田信玄であり真田昌幸である。こちらは、はっきりと”好きではない”と書いている。

こうした海音寺潮五郎の好みを知るのは、他の海音寺作品を読む上で、なぜ海音寺潮五郎がこの人物を取り上げ、小説としたのかといった点において参考になるのではないかと思う。

最後に、文芸評論家の尾崎秀樹氏が「江戸開城」の解説でこう述べている。

『小説はフィクションによって人物像を具象化するが、史伝は歴史上の素材をふまえながら、史書と史書の間にかもし出される微妙なくい違いをとらえて歴史の軌跡をたどり、追体験する魅力をうかがわせるところに特徴があるといえよう。』

作品一覧

私が把握している海音寺潮五郎の作品一覧です。
注1)作品によってはダブっているもの(出版社の変更にともなう題名の変更など)もあるとは思いますが、確認が取れたものから順次修正を加えてゆく予定です。
注2)漏れている作品もあるとは思いますがご容赦下さい。なお、漏れている作品についてご教示頂けると幸いです。

  1. 得意の人・失意の人
  2. 日本歴史を散歩する
  3. 西郷と大久保と久光
  4. 本朝女風俗―絵島の恋
  5. 真田幸村
  6. 天と地と
  7. 南国回天記
  8. 西郷隆盛
  9. 海音寺潮五郎短篇総集
  10. 江戸城大奥列伝
  11. 史談と史論
  12. 孫子
  13. 日本歴史を点検する
  14. 列藩騒動録 上
  15. 列藩騒動録 下
  16. 鷲の歌
  17. 武道伝来記
  18. おどんな日本一
  19. 江戸開城
  20. 西郷と大久保
  21. 平将門
  22. 幕末動乱の男たち
  23. 二本の銀杏
  24. 詩経
  25. 日本の名匠
  26. 哀婉一代女
  27. 王朝
  28. 海と風と虹と
  29. 盗賊大将軍
  30. 梅花の契
  31. 風流才媛伝
  32. 明治太平記
  33. 柳沢騒動
  34. かぶき大名
  35. さむらいの本懐
  36. 悪人列伝 1
  37. 悪人列伝 2
  38. 悪人列伝 3
  39. 悪人列伝 4
  40. 加藤清正
  41. 吉宗と宗春
  42. 剣と笛
  43. 史談 切り捨て御免
  44. 史伝 西郷隆盛
  45. 寺田屋騒動
  46. 実説武侠伝
  47. 茶道太閤記
  48. 中国英傑伝
  49. 中国妖艶伝
  50. 田原坂―小説集・西南戦争
  51. 日本名城伝
  52. 覇者の條件
  53. 武将列伝 1
  54. 武将列伝 2
  55. 武将列伝 3
  56. 武将列伝 4
  57. 武将列伝 5
  58. 乱世の英雄
  59. 歴史随談
  60. 歴史余話
  61. 豪傑組
  62. 新太閤記
  63. 蒙古来たる
  64. 赤穂義士
  65. 赤穂浪士伝
  66. 戦国風流武士 前田慶次郎
  67. 敬天愛人 西郷隆盛
  68. 聖徳太子
  69. 対談戦国乱世
  70. 人生遍路 華厳経
  71. 戦国兄弟
  72. 幕末 雄図ならず
  73. 立花宗茂
  74. 仇討騒動異聞
  75. 伊達政宗
  76. 風雲
  77. 火の山
  78. 三河武士
  79. 青雲の潮
  80. 筑紫おとめ
  81. 天正女合戦
  82. 風に鳴る樹
  83. 風魔一族
  84. 歴史余話ゆまにて

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする