宮部みゆきとその作品

この記事は約1分で読めます。

略歴

(1960-   )
宮部みゆき。作家。東京生まれ。
1987年「我らが隣人の犯罪」で第26回オール読物推理小説新人賞。
1989年「魔術はささやく」で第2回日本推理サスペンス大賞。
1992年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞、「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞
1993年「火車」で第6回山本周五郎賞
1997年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。
1999年「理由」で第120回直木三十五賞受賞、第18回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞。
2001年「模倣犯」で第55回毎日出版文化賞特別賞。
2002年「模倣犯」で第5回司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞。
2006年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞

紹介している小説

  1. 本所深川ふしぎ草紙
  2. かまいたち
  3. ぼんくら
  4. あかんべえ
タイトルとURLをコピーしました