乙川優三郎とその作品

シェアする

スポンサード

※本の画像はアマゾンへリンクしています。 ※関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

これより下のコンテンツ

略歴

(1953-   )
乙川優三郎。作家。東京都生まれ。国内外のホテルに勤務。
1996年「藪燕」でオール読物新人賞。
1997年「霧の橋」で第7回時代小説大賞。
2001年「五年の梅」で第14回山本周五郎賞。
2002年「生きる」で第127回直木賞。
2004年「武家用心集」で第10回中山義秀文学賞。
2013年「脊梁山脈」で第40回大佛次郎賞。

好きな作家に山本周五郎を挙げており、作品の雰囲気もなんとなく似ている感じのする作家である。また、井上靖の「しろばんば」を彷彿させるような作品もある。
まだまだ、これから円熟期を迎える作家であり、期待されている時代小説家の一人である。

著書

  1. 霧の橋
  2. 喜知次
  3. 椿山
  4. 屋烏
  5. 蔓の端々
  6. 五年の梅
  7. かずら野
  8. 生きる
  9. 冬の標
  10. 武家用心集
  11. 芥火
  12. むこうだんばら亭
  13. さざなみ情話
  14. 時雨の岡
  15. 男の縁
  16. 露の玉垣
  17. 闇の華たち
  18. 逍遥の季節
  19. 麗しき花実
  20. 脊梁山脈
  21. トワイライト・シャッフル

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする