映画「ヘンゼル & グレーテル」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約4分で読めます。

感想/コメント

ダークファンタジー映画です。アクションも多く、「ヴァン・ヘルシング」に感じは近いです。

日本未公開です。残酷なシーンが多く、そうしたシーンをカットしていったら、ほとんど何も残りませんからねぇ。

残酷なシーンは、いうなれば「北斗の拳」のヒデブッが、頻繁に出てくる感じです。

昨今の流れから行けば、まず、カットされていくシーンでしょうけど、この映画の場合、カットしてしまうと、魔女たちがやられるシーンがほぼ全部カットになってしまいます・・・。

さて、ヘンゼルとグレーテルの話は1315年から1317年の大飢饉など、長く続いた飢饉の時代の子供捨てによる口減らしが下敷きにあります。

グリム童話にヒントを得ている作品

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

ある夜。
ヘンゼルとグレーテルは父に森に連れられ、そこに置いていかれた。
お腹を空かせた二人が見つけたのは、お菓子の家だった。
中に入ると、そこは魔女の家だった。
ヘンゼルは魔女にお菓子を食べさせ続けられた。
ある時、二人は魔女をかまどで焼き殺して、逃げることができた。

15年後。
ある町で子供の誘拐事件が多発していた。

ある女性を魔女として保安官が責め立てていた。
市長と一緒に現れたのが、凄腕の魔女ハンターになっていた、ヘンゼルとグレーテルだった。
魔女には印がある。だが、彼女にはない。二人は女性が魔女でないと宣言した。

北の森に怪しい小屋がある。
行くと確かに魔女がいた。
魔女を退治したものの、子供の誘拐とは関係のない魔女だった。
だが、この魔女は「血の満月」に関する紙を持っていた。

森を調べなければ。だが、夜は動かないほうがいい。

町の酒場。
二人の前に現れたのは、ファンを自認するベンジャミン。
魔女は二人を傷つけられない。彼らには魔法が効かない。

ヘンゼルとグレーテルは森に罠を仕掛け、魔女の一人を捕まえた。
血の満月に儀式を行うこと、そして儀式には12人の各月に生まれた子供達が必要ということがわかった。
最後の一人は4月生まれ。町には一人しかいない。
ヘンゼルはすぐに動いたが、魔女・ミュリエルたちの動きは早かった。町は襲撃され、女の子は誘拐された。
この襲撃で、ヘンゼルとグレーテルは魔女たちに負けていた。

翌朝。
グレーテルは助けてくれたベンの家で目を覚ます。
一方、ヘンゼルは森の中で目を覚ます。怪我をしていたヘンゼルを助けたのは、魔女裁判にかけられていた女性・ミーナだった。

ヘンゼルを捜しに森に入ったグレーテルは保安官たちに痛めつけられてしまう。
そこを救ったのは、トロールのエドワードだった。
なぜ、助けてくれたのか。グレーテルが聞くと、エドワードはトロールは魔女に仕えると言った。

森の廃屋。
ヘンゼルとグレーテルが再開する。
家の地下には謎の部屋がある。魔女の家のようだ。
だが、この家は、ヘンゼルとグレーテルがかつて住んでいた家だった。

ミリュエルが現れた。
二人にすべてを教えた。
白い魔女・アドリアーナの家。そして二人の母親。
二人は白い魔女の血をひいているのだ。

血の満月の儀式に、白い魔女の心臓が必要だ。
それさえそろえば、魔女は火に焼かれても燃えなくなる。
ミリュエルはグレーテルに目をつけた。
それを知った白い魔女は、子供達を森に逃がしたのだった。
二人は捨てられたのではなく、守るために森に連れて行かれたのだった。

グレーテルが連れ去られた。
傷ついたヘンゼルを助けたのは、ミーナ。
彼女は白い魔女だった。
ミーナには魔女の印がない。印があるのは黒い魔女だけ。世の中にはいい魔女もいる。
ミーナは聖なる魔術の書「アブラメリンの書」から、魔女の防御を破る薬を作り、その薬を武器にかけた。

血の満月の儀式が始まった。
グレーテルの救出に向かう、ヘンゼル、ミーナ、ベン。
魔女たちとの対決が始まった。

映画情報(題名・監督・俳優など)

監督:トミー・ウィルコラ
脚本:トミー・ウィルコラ
音楽:アトリ・オーヴァーソン
音楽プロデューサー:ハンス・ジマー

出演:
ヘンゼル/ジェレミー・レナー
グレーテル/ジェマ・アータートン
ミュリエル/ファムケ・ヤンセン
ミーナ/ピヒラ・ヴィータラ
保安官/ピーター・ストーメア
ベンジャミン/トーマス・ヤン

タイトルとURLをコピーしました