Depeche Mode / The Singles 81-85の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Pops/Rock/Ballad
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

タイトルの通り、1981年から1985年までにリリースされたシングルを集めたベスト盤。

第2弾として、1986年から1998年までのものがある。

初期のリーダーであるヴィンス・クラーク在籍時の1981年から、1984年のサム・グレート・リウォードまでのアルバムからの選曲。これに、1985年に発表されたシングル(14曲目と15曲目)を加えたもの。

Winter Chill 3に一曲収録されているのと、このベスト盤を持っているのとで、掲載することにしたが、現時点では個人的には興味を失っている音である。

なら、なぜ持っているのかというと、成り行きである。

評価は低いが、これは個人的には興味を失っている音ということと、チルアウトやラウンジとは異質な音ということによるもので、Depeche Modeの音が悪いということをいっているわけではないのをご了承願いたい。

DepeshMode-Singles1

Depeche Mode
1998
Album title “The Singles 81>85”
Label : Mute

Depeche Mode

スポンサーリンク

曲目

1. Dreaming of Me
2. New Life
3. Just Can’t Get Enough
4. See You
5. Meaning of Love
6. Leave in Silence
7. Get the Balance Right!
8. Everything Counts
9. Love in Itself
10. People Are People
11. Master and Servant
12. Blasphemous Rumours
13. Somebody
14. Shake the Disease
15. It’s Called a Heart
16. Photographic (Some Bizarre Version)
17. Just Can’t Get Enough (Schizo Mix)

Depeche Mode(デペッシュ・モード)プロフィール:
デペッシュ・モード(Depeche Mode)はイギリスのBasildon出身で、1980年結成のバンド。エレクトロポップバンドのイメージや当初はニューウェーブ色が強く、そのイメージからニューウェーブの代表格としてしばしば挙げられる。
常にメジャー・シーンとクラブ・シーンの両方で成功をおさめてきたグループと評される。
また、穏やかなメロディと明確なダンス・ビートを並存させている点も特徴的だろう。
初期メンバーのヴィンス・クラークが脱退してマーティン・L・ゴアが楽曲製作の中心になると、サウンド/アレンジ担当のアラン・ワイルダーがインダストリアルな音を取り入れ始め、徐々にオルタナティブ路線を強めていき、ダークでヘヴィーな音へと変化していった。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました