Christopher Cross / Christopher Crossの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Pops/Rock/Ballad
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

AOR(Adult Oriented Rock=アダルト・オリエンテッド・ロック、またはAlbum Oriented Rock=アルバム・オリエンテッド・ロック)を代表するアルバムの一枚。1979年の作品で、40分弱の短いアルバム。

取り上げるのは8曲目のSailing。同名でRod Stewartのがあるが別もの。

ストリングスがバックで使われ、優しいギターの音色、ゆったりと流れる感じは現在のチルアウトにも通じる部分がある。

ボーカルを楽器などに変え、多少のリミックスをすればそのままチルにもなりそうだ。ただ、あまりにも有名な曲のため、あり得ないとは思うが…。

スポンサーリンク

曲目

ChristopherCross

Christopher Cross
「Christopher Cross」
1979
WarnerBros. Records

Christopher Cross

  1. Say You’ll Be Mine
  2. I Really Don’t Know Anymore
  3. Spinning
  4. Never Be the Same
  5. Poor Shirley
  6. Ride Like the Wind
  7. Light Is On
  8. Sailing(1980年のバラード一覧
  9. Minstrel Gigolo

クリストファー・クロス(Christopher Geppert Cross)プロフィール

アメリカ合衆国テキサス州 サンアントニオ生まれのシンガー・ソングライター。
トレードマークはフラミンゴ。
1979年「Christopher Cross」(邦題「南から来た男」)でデビュー。ハイトーンボイスで一躍AORを代表する歌手となる。
同アルバムとシングル「Sailing」は1980年のグラミー賞の5部門を独占。
翌年には「ミスター・アーサー(Arthur)」の主題歌「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur’s Theme (Best That You Can Do))」でアカデミー歌曲賞をバート・バカラック、キャロル・ベイヤー・セイガー、ピーター・アレンとともに受賞。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました