チルアウトとラウンジとは

この記事は約6分で読めます。

チルアウトとラウンジを聞いたことのない人へ

チルアウト=Chill out musicとラウンジ=Lounge musicを最初に聞くのなら、有名なコンピレーションシリーズがおすすめです。

◎チルアウトなら「Café del Mar」

Café del Marとシリーズのリスト・一覧
世界でもっとも有名なカフェ・Café del Mar(カフェ・デル・マール)Café del Mar(カフェ・デル・マール or カフェ・デル・マー)はスペインのイビサ島サン・アントニオ・アバド(Sant Antoni de Po...

◎ラウンジなら「Buddha Bar」「Hotel Costes」

Buddha Bar シリーズのリスト・一覧
パリに始まったBuddha Bar(ブッダ・バー)。いまや、世界中に広がっている。シリーズが複雑でわかりにくいためリスト化しました。

チルアウトやラウンジという音楽は、その多くはボーカルのないインストものです。

ボーカルがないと「音楽」ではない、若しくは歌えなければ「音楽」ではない、と考えている人もいるようです。そういう人にとっては、チルアウトやラウンジは聞いてもつまらない音楽でしょう。何せインストが多いのですから。

かといって、インストものばかりではありません。ボーカルのある曲も多数存在しています。要はインストとボーカルがミックスされているのです。

ボーカルものは耳に残りますが、その分飽きるのも早いものです。一方、インストものは意外に耳に残らないので、長く聞けるのですが、インパクトが薄いのが欠点とも言えます。その間を取る形のチルアウトやラウンジは、両方のいいところを兼ね備えているのだとも言えます。

ボーカルものだけが「音楽」だと思っている人には、このインストとボーカルの中間的なチルアウトやラウンジを一度聞いてもらいたいものです。

「音楽」のもつ広がりを体感出来るのではないかと思います。そして、より広い音楽の世界を楽しめるようになって頂けたらと思うのです。

音楽の季節感

私は音楽を季節によって聞き分けています。

Chill Outはサンセットに合う印象がありますので、初夏から夏にかけて聞くのが好きです。

Loungeは夜の音楽という印象ですので、季節を問わず聞きますが、春と秋に聞くのが好きです。

Worldbeatはセピアな印象なので、秋から冬にかけて聞くのが好きです。

美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色

ここで取り上げるアーティストたちのジャンルは何かというと、適切なのがないというのが実情ではないかと思う。 大雑把にはニューエイジ、ワールド、イージーリスニングで括られる。しかし、なんか違うような気がする。

チルアウトの有名曲

チルアウトの有名曲を何曲か紹介したいと思います。

Afterlife : Speck of gold

AfterlifeはSteve Miller(スティーブ・ミラー)のプロジェクトの一つ。Steve Millerはイギリスでもっとも有名なチルアウト・プロデューサーでDJの一人。

Jose Padilla : Adios Ayer

José Padilla(ホセ・パディーヤ)はCafe del Mar(カフェ・デル・マー)を有名にした最大の立役者であり、初期Cafe del Marのコンパイラーであった。

Bliss : Kissing

Bliss(ブリス)はデンマーク出身のバンドで、バンドのメンバーはデンマーク、スウェーデン、ギニア・ビサウ出身の多国籍バンド。

おススメのアルバム

チルアウトは基本的にコンピレーションを聞くのをお勧めします。おススメはCafe del Marシリーズです。ただ、あまりにもタイトル数が多いので、この中からいくつかピックアップしたいと思います。

Café del Marとシリーズのリスト・一覧
世界でもっとも有名なカフェ・Café del Mar(カフェ・デル・マール)Café del Mar(カフェ・デル・マール or カフェ・デル・マー)はスペインのイビサ島サン・アントニオ・アバド(Sant Antoni de Po...

Cafe del Mar Ibiza Classicsシリーズ

文字通り昔の音源を集めたシリーズです。カフェ・デル・マーでかかっていた曲というよりは、イビサで昔かかっていた曲が収録されいます。チルアウトの変遷を知るのにうってつけです。

Cafe del Mar Ibiza Classics 1

Café del Mar Ibiza Classics 1の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

カフェ・デル・マーのIbiza Classicsシリーズ第1弾。10年以上前のものがほとんど入手できない状況になっているので、このコンセプトはいい。2005年前後の曲が多いが、2002年頃のものも収録されている。

Cafe del Mar Ibiza Classics 3

Cafe del Mar Ibiza Classics 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)
Cafe del Mar Ibiza Classics 3はタイトルの通り、イビサで流れていたチルアウトを選曲している。クラシックと呼ぶのにふさわしい曲が多い。懐かしい曲が多い。

Blank & Jones : Relax – The Best of a Decade (2003-2013)

アーティストのアルバムとしては、このアルバムがチルアウトアルバムとしては出色だと思います。

Blank & Jones / Relax - The Best of a Decade (2003-2013)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超々おススメアルバム)
チルアウト、ラウンジ系のマストアルバムの一つ。Blank & JonesのRelaxシリーズの1~7を中心につくられたベストアルバム。なお、Relaxシリーズはこの後も引き続きリリースされている。

名盤だけど入手困難アルバム

配信サービスでもお目にかかったことがない入手が困難なアルバムですが、チルアウトの名盤を紹介します。

Jose Padilla : Souvenir

Jose Padilla(ホセ・パディージャ)のファースト・アルバムです。

Jose Padilla / Souvenirの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)
収録されている曲は、Cafe del Mar等には収録されていない曲ばかり。友人にChill Outを聞き始めるのなら、どれがいいかと聞かれたら、薦めるアルバムの一枚。

アーティスト

チルアウト系アーティストとラウンジ系アーティストというのは明確な線引きが難しいので、コンピレーションに多く収録されているアーティストを(一部ですが)紹介します。

コラム:Chill Out と Lounge

このサイトで扱っているチルアウトやラウンジとは

チルアウトの聖地イビサ島

チルアウトとラウンジのおすすめレーベル

チルアウトとラウンジを楽しむ

チルアウトとラウンジを楽しむ
Chill Out/Loungeに限らず音楽を聴く場合、まずはオーディオ機器などで聞く方が多いのではないかと思います。私自身も普段はオーディオ機器で聞いていることが多いです。ですが、オーディオ機器で聞く場合、ある意味BGM的に受け身の消極的な聞き方をしているのではないでしょうか。

参考情報

ダウンテンポという点ではバラードとの類似点があります。バラード曲の中にはチルアウトにもラウンジにも合うものがあるからです。

年代別バラード曲の一覧
※年代が間違っている曲があると思います。ご容赦願います。また、再ヒットした年に再掲している曲もあります。2010年代2011年のバラード曲2010年のバラード曲2000年代2009年のバラード曲2008年の...
タイトルとURLをコピーしました