Chicane / Behind The Sunの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

Chicaneのセカンド。前半がChill Outでも使える曲が多く、後半に行くにしたがって、トランスにいく構成になっている。アルバムのバランスは良い。相変わらずアルバムとしてのクオリティは高い。

壮大かつ雄大な曲から始まる。

2曲目はChill Outとして使える、空がひらけるような感じの美しい曲。

3曲目はHed KandiのWinter Chill 2に収録されている。

4、9曲目はかのEnyaのお姉さんがいるClannadの名曲”Theme From Harry’s Game“をリミックスした曲。9曲目の方がよりChill Out向き。

5曲目はトランス。トランスの中でも音色の美しいのが特色のであるので、もちろんこの曲も美しい。

8、11曲目は、ボーカルがブライアン・アダムス。当初はシークレットだったらしいが、声を聞けば分かるって(笑)。

アルバムとしてのクオリティは高いのだが、Chill Out/Loungeとして考えると、この評価かな…。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

Chicane-BehindTheSun

Chicane
2000
Album title
“Behind The Sun”
Label : Xtravaganza

1 Overture
2 Low Sun
3 No Ordinary Morning
4 Saltwater (original)
5 Halcyon
6 Autumn Tactics
7 Overlap
8 Don’t Give Up
9 Saltwater (The Thrillseekers Remix)
10 Andromeda
11 Don’t Give Up (Disco Citizens Vs. Tomski Remix)

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.2
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:2曲目、3曲目、9曲目

Chicane(シケイン)プロフィール

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました