Worldbeat

Worldbeat

Amethystium / Odonataの紹介と感想

2枚目のアルバム。いろんな要素を取り入れている。ニューエイジでもあり、ワールドビートでもあり、グレゴリックでもあったりする。ごった煮の感じで、まだ明確にAmethystiumの色というのが出ていない感じ。
Worldbeat

OceanLab / Sirens of the Seaの紹介と感想(超々おススメアルバム)

このアルバム トランス寄りの曲とチルアウト、エスノ系統の曲とが混在している。 1曲目Just Listenはキックはないのだが、チルとは言い難いなぁ…。 2曲目Sirens of the Seaがアルバムタイトルの曲。このアル...
Worldbeat

Sleepthief / Labyrinthine Heartの紹介と感想

最初にリリースされたのは2009年。その後、未収録の曲を何曲か追加して、2015年に再リリース。聞くなら、再リリース版をお勧めする。理由は単純。13曲目と14曲目が新たに収録されたからである。
Worldbeat

Blue Stone / Messageの紹介と感想

Blue StoneはEthereal Popといわれる。このジャンルは「ゴシック」だとか「ロマンティック」や「別世界」などと言い表される。1980年代にイギリスで発展した音楽で、代表的なのが4ADレーベルである。
Worldbeat

Kirsty Hawkshaw / Meta Messageの紹介と感想

Kirsty Hawkshawはイギリス、ロンドン出身のシンガーソングライター。Opus IIIのボーカルとして活動後、ソロで活躍。多くのアーティストの作品にゲストボーカルで参加している。
Worldbeat

Conjure One / Holoscenicの紹介と感想(超超おススメアルバム)

傑作アルバムだと思う。ファーストやセカンドアルバムと聞き比べると、音楽性が少し変わったのと、バリエーションというか守備範囲が広がったような印象がある。音楽に多様性がもたらされ、アルバムとしての広がりが出ているように思う。
Worldbeat

Sleepthief / Dust & Cloud : Remixesの紹介と感想

このアルバム リミックスが6曲。 ここはやはりベースとなる1曲目でしょう。 ボーカルを取るPhildelはイギリスのシンガー・ソングライター。 名前は中国人の父とアイルランド人の母の名、Philip and Dellaからだ...
Worldbeat

Amethystium / Emblem (Selected Pieces)の紹介と感想(超おススメアルバム)

過去3作品と書き下ろし曲2曲で構成されたベストアルバム。アンビエントやニューエイジという風にとらえる人もいるだろうが、ゴシックな感じや、グレゴリアンだったりする点では、EnigmaやDeleriumの系統に近い。
Worldbeat

Sleepthief / The Dawnseekerの紹介と感想(超おススメアルバム)

このアルバム デビューアルバムであるが、ヴォーカル陣が豪華!!! 3曲目のNicola HitchcockはMandalayで知られる。 4曲目のKyoko BaertsoenはLunascapeで知られる。 5曲目のKirst...
Worldbeat

Beauty 2の紹介と感想(超超おススメアルバム)

このアルバム 前作に続いて。こちらの方は歌ものが多い。 Enigma、Delerium、Balligomingo、Conjure Oneが好きな人には絶対のおススメ。 この系統の代表的な人気アーティストを集めたコンピ。Sl...