Pops/Rock/Ballad

Pops/Rock/Ballad

Bangles / Greatest Hitsの紹介と感想

このアルバム バングルスのヒットアルバム。 1曲目と2曲目がAll Over the Placeからの収録。 3曲目~7曲目がDifferent Lightからの収録。 8はサントラ「Less Than Zero」から。
Pops/Rock/Ballad

Toto / The Very Best of Totoの紹介と感想

1曲目。なによりも、このTOTO最大のヒット曲「Africa」。ボーカルはキーボードのデヴィッド・ペイチ。1982年に発表したアルバム『TOTO IV〜聖なる剣』の収録曲。ビルボードのホット100で1位。
Pops/Rock/Ballad

The Police / Greatest Hitsの紹介と感想

このアルバムを聴くと、幅広いジャンルの音楽を吸収して成立しているのがよく分かる。これはメンバーそれぞれのバックグラウンドが異なっていることが大きいのだろう。
スポンサーリンク
Pops/Rock/Ballad

Bryan Adams / Anthologyの紹介と感想

オリジナル・アルバム9作から厳選された代表曲に、ライヴ・アルバム、サントラ、ベスト・アルバムからの人気曲を追加したアンソロジー・ベスト。
Pops/Rock/Ballad

Christopher Cross / Very Best of Christopher Crossの紹介と感想

クリストファー・クロスのベストアルバム。「Christopher Cross」(邦題「南から来た男」)でデビュー。ハイトーンボイスで一躍AORを代表する歌手。
Pops/Rock/Ballad

Bette Midler / Jackpot: The Best Betteの紹介と感想

ベット・ミドラーのベストアルバム。「The Rose」「Wind Beneath My Wings」「From a Distance」というヒット曲ももれなく収録されている。
Pops/Rock/Ballad

Gipsy Kings / Gipsy Kingsの紹介と感想

このアルバム チルアウト参考ディスク。 いわゆるワールドミュージックというのも、ひろくチルアウトには取り入れられている。また、Buddha Barのようにラウンジとチルアウトの間を行くようなアルバムでも広く使われている。もともと
Pops/Rock/Ballad

Sting / Sting at the Moviesの紹介と感想

Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994に足りない曲があったのと、スティングの曲が結構映画に使われていることを知るのにもいいディスクとしてあげてみる。ラウンジ参考ディスク。
Pops/Rock/Ballad

Sophie Zelmani / Sophie Zelmaniの紹介と感想

このアルバム ラウンジ参考ディスク 北欧系のラウンジ・コンピレーションを聞いていると、アコースティック系統の楽曲が収録されていることがある。可愛らしい感じのものが多いのだが、そうした楽曲の類型として、このディスクを参考ディスクと
Pops/Rock/Ballad

Andru Donalds / Andru Donaldsの紹介と感想

チルアウトやラウンジは歌い上げる曲、ボーカルが出っ張る曲、つまりは「歌」よりも、ボーカルが楽器となって「曲」を構成しているものがかなりある。
スポンサーリンク