Chill Out Lounge : 音楽

Chill Out と Lounge

Cantoma / Just Landedの紹介と感想(超おススメアルバム)

やっぱり、チルアウト・アルバムはこうでなければ!という王道のつくり!!!突出している1曲はないが、アルバム全体のバランスが素晴らしく取れている。2016年の夏を代表するチルアウト・アルバム
コラム:Chill Out と Lounge

このサイトで扱っているチルアウトやラウンジとは

ここで扱っている「チルアウト」なんて言葉を聞いた事のある人は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。でも、「ヒーリング」「癒し」系の音楽なら、ほとんどの皆さんは知っているのではないでしょうか?「チルアウト」も「ヒーリング」「癒し」も、ある意味、根本の所では大差がないと私は思っています。
コラム:Chill Out と Lounge

チルアウトとラウンジを楽しむ

Chill Out/Loungeに限らず音楽を聴く場合、まずはオーディオ機器などで聞く方が多いのではないかと思います。私自身も普段はオーディオ機器で聞いていることが多いです。ですが、オーディオ機器で聞く場合、ある意味BGM的に受け身の消極的な聞き方をしているのではないでしょうか。
コラム:Chill Out と Lounge

チルアウトの聖地イビサ島

チルアウトの聖地と言えばスペイン領イビサ島。そのイビサ島の中でも、サンアントニオにあるカフェ・デル・マーが聖地と言っても過言ではないでしょう。この有名なカフェを模して、その後似たようなサンセット・カフェが出来ていますが、本家を超えるものは登場していません。
Worldbeat

Sleepthief / Labyrinthine Heartの紹介と感想

最初にリリースされたのは2009年。その後、未収録の曲を何曲か追加して、2015年に再リリース。聞くなら、再リリース版をお勧めする。理由は単純。13曲目と14曲目が新たに収録されたからである。
コラム:Chill Out と Lounge

チルアウトとラウンジのおすすめレーベル

Cafe del Mar (カフェ・デル・マール):Chill Out(チル・アウト)のバイブル。REAL IBIZA (リアル・イビサ):Cafe del Marに並ぶもうひとつのバイブル
Worldbeat

Blue Stone / Messageの紹介と感想

Blue StoneはEthereal Popといわれる。このジャンルは「ゴシック」だとか「ロマンティック」や「別世界」などと言い表される。1980年代にイギリスで発展した音楽で、代表的なのが4ADレーベルである。
Worldbeat

Kirsty Hawkshaw / Meta Messageの紹介と感想

Kirsty Hawkshawはイギリス、ロンドン出身のシンガーソングライター。Opus IIIのボーカルとして活動後、ソロで活躍。多くのアーティストの作品にゲストボーカルで参加している。
New Age, Easy Listening

Anael / Once Upon a Dreamの紹介と感想

アナエルの音楽は、ヨーロッパの同系統のニューエイジのミュージシャンというのものというよりは、やはりアメリカのニューエイジ系の音である。
New Age, Easy Listening

Gandalf / Sacred Riverの紹介と感想

このアルバム ニューエイジらしいニューエイジのアルバム。 時がゆったりと流れる。 1曲目Morning at the River Benchは川のせらぎと鳥のさえずりから始まる。夜明けという感じ。まさに曲のタイトル通り。 ...