Chill Out Lounge : 音楽

NO IMAGE Chill Out Lounge : 音楽

Chill Out 2018 H1(プレイリスト公開)

2018年の上期(1月〜6月) 2018年の上期(1月〜6月)に出会ったチルアウト ※曲は必ずしも2018年のものとは限りません。あくまでも2018年上期に出会った曲達です。 リスト(アーティスト/曲名) Var...
Chill Out と Lounge

Café del Mar Ibiza Classics 1の紹介と感想(おススメアルバム)

カフェ・デル・マーのIbiza Classicsシリーズ第1弾。10年以上前のものがほとんど入手できない状況になっているので、このコンセプトはいい。2005年前後の曲が多いが、2002年頃のものも収録されている。
Chill Out と Lounge

REAL IBIZA 9の紹介と感想(超超おススメアルバム)

REAL IBIZA(リアル・イビサ)の第9弾。復活してから第2弾。おススメのコンピレーション。収録されている曲の雰囲気といい、ジャケットの雰囲気といい、初期のREAL IBIZAそのままの雰囲気が保たれているのは驚異的だ。
アーティスト紹介

Blank & Jones(ブランク・アンド・ジョーンズ):チルアウトからトランスまで幅広いジャンルをまたぐドイツ出身のデュオ

Blank & Jonesはドイツ出身のデュオ。メンバーはJan Pieter BlankとRené Runge。Café del Marシリーズにも楽曲を提供し、自らチルアウト・アルバムも作成している。チルアウトはRelaxシリーズとしてリリースされ、シリーズは10枚を超える。
Chill Out と Lounge

Café del Mar 20の紹介と感想(超おススメアルバム)

最近、エレクトロ・ポップというか、ポップスよりの曲が収録されることがあり、全体のバランスが崩れてしまうような印象がある。コンパイラーのToni Simonenの好みなのだろうが、チルアウトにポップスは今一つ合わない。
アーティスト紹介

Moby(モービー):ジャンルレスで活躍する世界的アーティスト

メルビルと名づけられたことから、生後間もなくモービーのあだ名が付いた。「Moby」は、彼の遠い親戚にあたるアメリカ作家ハーマン・メルヴィルの「白鯨」 (Moby-Dick) による。
Chill Out と Lounge

Café del Mar 23の紹介と感想(おススメアルバム)

ジャケットが盛夏の印象というよりは、晩夏の印象。この印象のせいか、アルバム全体の印象も、しっとりとした少し秋を感じるような構成になっている。コンパイラーはToni Simonen。最後には2つのミックスが用意されている。
Chill Out と Lounge

The Sound of Cafe del Marの紹介と感想(おススメアルバム)

Cafe del Marの中のDreamsシリーズ第9弾。このDreamsシリーズのコンセプトが少しわからなくなってきている…。どちらかというとエピックな抒情的で、壮大な感じというイメージでいたが、いつの間にアコースティックな感じになったんだろうか。とにかく地味だ。
アーティスト紹介

Steve Miller(スティーブ・ミラー):AfterlifeやLuxで知られるチルアウトDJでプロデューサー

プロフィール Steve Miller(スティーブ・ミラー)はAfterlife名義でも知られる。他の名義としてはLuxがある。LuxはJames Brightとのプロジェクト。 Steve Miller(スティーブ・ミラー...
アーティスト紹介

Delerium(デレリアム):中世的なダークでディープな神秘的ビートサウンド

プロフィール Delerium(デレリアム)はBill Leeb(ビル リーブ)とRhys Fulber(ライス ファルバー)のユニット。以前に在籍していたメンバーとして、 Michael Balch、Chris Peters...