11. 文芸

02. ファンタジー

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画の中で「永遠てないんだな」という趣旨のセリフがたびたび登場する。この映画を端的に表しているわけではないが、映画の一部分を表現した印象的なセリフである。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「敦煌」(1988年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

敦煌と言えば莫高窟とそこから出た敦煌文献が有名である。小説と映画の舞台となっているのは、ちょうど西夏ができて敦煌を占領した時期である。映画そのままに、この頃に敦煌文書が莫高窟の中に放り込まれ、入口を塗り込められたと考えられている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「三銃士」(1993年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

銃士とはいえ、銃撃戦はほとんどなく、もっぱら剣での対決シーンが多い。この剣の対決シーンは、素人目に見ても今一つ迫力がないのが残念。

1) 最高

映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

少年期を描ききった、傑作作品であり「人生において二度観る映画」と称されるくらいである。一度目は少年時代に、二度目は大人になってから、ということである。

11. 文芸

映画「博士の愛した数式」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

数学は芸術だという風にいう人もいる。映画の中でも語られているが、数学の証明には美しいものと、そうでないものがあるのだという。そうしたところから芸術だという風にいうのかもしれない。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ヴェニスの商人」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

シェイクスピアの書いた37の戯曲の中で最も人気が高い「ヴェニスの商人」。ラブストーリー、法廷劇、人種問題、復讐、偏見、友情などの諸々の要素を持つ作品。

11. 文芸

映画「スモーク」(1995年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ポール・オースターが書き下ろした「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を基に、男の中に隠された哀しいロマンティシズムを描いた作品。

11. 文芸

映画「オリバー・ツイスト」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

オリバー・ツイストは決して悪の道に入り込むことはありませんでした。感動的なのは、最後の場面でフェイギンのために、一緒に神に祈りを捧げるところです。あそこまで人を信頼し感謝できるオリバー・ツイストという少年は天使のようです。

タイトルとURLをコピーしました