11. 文芸

01. 歴史映画やスペクタクル映画

マスケティアーズ パリの四銃士 第3話「気に食わない任務」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第3話では二人の過去がわかる。アトスとポルトスだ。アトスの過去の方が色合いとして強く出ているので、この回はアトスの回である。彼が貴族であり、ミレディとの深い関係も明らかになる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

マスケティアーズ パリの四銃士 第2話「鮮やかなトリック」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1話でアトス、アラミス、ポルトスと知り合いになったダルタニアン。第2話ではすでに仲間のようになっている。銃士でないにもかかわらず、危険な任務を引き受けている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

マスケティアーズ パリの四銃士 第1話「敵か味方か」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アレクサンドル・デュマの「三銃士」がベースのドラマ。イギリスBBCが制作。タイトルは「The Musketeers」なので、銃士達ということになるが、theがついているので、この場合は「あのデュマの銃士達」という意味になるだろう。

11. 文芸

映画「カッコーの巣の上で」(1975年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

これまで見た映画の中で「最も後味が悪く」、それでいて「しっかり印象に残ってしまっている」映画である。ロボトミー手術を受けさせられ、廃人となって戻ってきたマクマーフィーの姿。噴水台を持ち上げ、窓に投げつけて鉄格子を破って逃げるチーフの姿。このラストの2シーンは忘れようにも忘れられない。

02. ファンタジー

映画「かぐや姫の物語」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アニメーションなのだが、見ているうちに、ふと思ったのが、「これって動く絵本だよなぁ」というものだった。絵本の世界がそこに映し出されている感じがしたのだ。

11. 文芸

映画「華麗なるギャツビー」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

作品自体は、後年になって評価が高まった。「イノセンス」をテーマにしたアメリカ文学の系譜のなかで評価は高い。村上春樹が最も影響を受けた作品の一つ。映画では、いくつかカットされたシーンがある。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「レ・ミゼラブル」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

まさにミュージカル映画!音楽というものの力強さを堪能できる映画である。多くのミュージカル映画は、セリフが入って、歌が入る、というのを交互に繰り返すが、本作品は全編が音楽で彩られて物語が進んでいく。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最近では1993年に映画化されたものがヒットしているが、この作品は趣がだいぶ異なる。当時とはアクションがだいぶ変わっており、スピーディな展開の映画が求められているため、それに則したように設定が少々変えられている。

11. 文芸

映画「悪人」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーの映画化。キャッチコピーは次のとおり。「なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の"悪人"なのか?」

07. ファミリー,ドラマ

映画「バベル」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な塔「バベルの塔」をモチーフにした映画。異なる言葉・文化、つまりはバベルの塔の世界のように、言葉が通じない、心が通じない世界をテーマとしている。

タイトルとURLをコピーしました