1) 最高

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ゴッドファーザーPARTI」(1972年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

この作品を越えるギャング映画は出ないだろう。夏のコルレオーネの屋敷で行われる娘コニーの結婚式から物語は始まる。そして印象的な場面が続く。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「レオン」(1994年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

リュック・ベッソンがハリウッドで撮った初めてのバイオレンス・アクション作品で、アメリカでは「ザ・プロフェッショナル」というタイトルで公開された。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ6 ジェダイの帰還」(1983年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

帰還には、いくつかの意味が含まれているように思う。文字通り、ジェダイの復活を意味する「帰還」。これは英雄譚に見られる旅立ち(セパレーション)、通過儀礼(イニシエーション)、帰還(リターン)という構造の最後を迎えるということである。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ4 新たなる希望」(1977年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

9作品の構想で練られたという大河ドラマであり、1977年から続く本作を含む最初の三部作はその真ん中(第4話~第6話)を映画化したもの。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ミュージカル映画がなくなることはないのは、こうした生への賛美と希望を表現するのに最も適したものであるからかもしれない。いくらポジティブに映画を作ったとしても、希望に溢れた音楽の旋律の前にはかすむのだ。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ベン・ハー」(1959年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

映画史上で見ておかなければならない映画があるとしたら、本作はそうした作品の一つになるだろう。映画は、ローマ帝国支配時代のユダヤ人王族のジュダ・ベン・ハーの数奇な半生にイエス・キリストの生涯を交差させて描かれている。

06. アドベンチャー

映画「インディ・ジョーンズ2魔宮の伝説」(1984年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

公開当初は低俗との批判を受けたらしいが、映画化された中で一番エンターテインメント性のあるのが本作。アドベンチャーものに低俗、高尚もないと思う。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「七人の侍」(1954年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

200分を越える長編ながら、その長さを全く感じさせない作品。1954年度 ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。あまりにも有名な作品。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「大脱走」(1963年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

第二次大戦中、脱出絶対不可能とうたわれたドイツの捕虜収容所から、250名の連合軍捕虜が大量脱走したという実話の映画化。原作は当時英空軍スピットファイヤー・パイロットで、実際にこの大仕事に参加していたポール・ブリックヒル。

1) 最高

映画「アトランティス」(1991年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ドキュメンタリーというよりは、映像美の映画であろう。この映画は70分強の中に、リュック・ベッソン監督独特の映像感覚によった視覚のマジックを見せてくれる。

タイトルとURLをコピーしました