02. ファンタジー

02. ファンタジー

映画「借りぐらしのアリエッティ」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

監督は宮崎駿ではないが、全体感はやはり宮崎アニメ。映画のメッセージもやはりそう。「人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか」それは、「人間と自然、どちらがさきに滅びゆくのか」と同義語である。

02. ファンタジー

映画「エアベンダー」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

米ニコロデオンの人気TVアニメ「アバター 伝説の少年アン」をM・ナイト・シャマラン監督が実写映画化。全部で3部作のようだが、果たしてすべてが公開できるのか...?

02. ファンタジー

映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

舞台は神秘に満ちた古代ペルシャ。西欧から見ればオリエント(≒中東)は歴史的にも感覚的にももっとも身近な「異境」であろう。それは中国など東洋よりもよほど身近である。そこには一種の憧憬があるように思える。

02. ファンタジー

映画「ハリー・ポッター6/ハリー・ポッターと謎のプリンス」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

思春期を迎えたホグワーツ魔法学校の生徒たちは恋愛ムードで浮き立っている。ロン、ハーマイオニー、そしてハリーも。だが、最終決戦が近いことを知っているハリーはヴォルデモートの知られざる過去に迫る冒険に臨んだ。

02. ファンタジー

映画「ナイトミュージアム」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

博物館の展示物が動き出すという発想、きっと監督は幼いころに博物館の展示物は夜になると動き出すんだよ、と祖父か祖母に言われたのだろう。

02. ファンタジー

映画「ナルニア国物語/第2章カスピアン王子の角笛」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

前作「ライオンと魔女」から1,300年の歳月が流れたナルニア。角笛(前作でスーザンがサンタクロースから贈られた魔法の角笛)に呼ばれて四人兄弟が再びナルニアへ呼ばれる。

02. ファンタジー

映画「ハウルの動く城」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

魔法と科学が混在するファンタジーな世界を画いているのだが、舞台となる世界では戦争が間近に迫っている。愛国主義がはびこっているという設定は生々しい。この映画のテーマは戦争の愚かさであり、絆や信頼関係、そしてを愛といった所だろう。

02. ファンタジー

映画「ライラの冒険/黄金の羅針盤」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

パラレルワールドということになっているが、どうやら、あちらの世界の方が何かとすすんでいるようである。動力源不明の「馬車」や、快適に飛行しているように見える飛行船...などなど。映像は綺麗だし、期待させる出だしである。

02. ファンタジー

映画「ジョー・ブラックをよろしく」(1998年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

思っている以上に時間が長い。というのは、一つ一つのシーンが長いからだ。そして、その一つ一つのシーンは多くが「静」である。いや、「動」というものがこの映画にはない。

02. ファンタジー

映画「ベオウルフ 呪われし勇者」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

パフォーマンス・キャプチャーという技術が用いられているのだが、これは役者の動きをコンピュータに取り込むモーションキャプチャー技術を、より精密緻密にしたもののようだ。

タイトルとURLをコピーしました