Cafe del Mar 22の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

カフェ・デル・マーの第22弾。

安定性は相変わらず抜群のコンピレーション。

【前半】

1曲目、D.K. / Evening Shadowsは少しキラキラした始まり。どことなく、Art Of Noiseのloveに似ている。

4曲目、D-Pulse / Velocity of Love (Hot Toddy Mix)のジャジーな展開から4曲目の展開はいい感じである。
後半に始まるギターがかっこいい。

D-Pulse ‎– Velocity Of Love (Hot Toddy mix) (12" THEOM013, A2) 2011

7曲目、All India Radio / Sunburst、8曲目、Kasseo / In Your Eyesあたりはアンビエント色が強い。
9曲目、Yann Dulché / Faithにダークなトリップ・ホップ的な色合いに変化。こうした音もチル・アウト。
10曲目、Kinkajous / VinamでR&B的に。

12曲目、GoGo Penguin / Murmurationがピアノ・ジャズ的。

13曲目、Hecq / Night Fallsはタイトルの通りのアンビエント。まさに、日が暮れようとしている・・・。
こうしたアンビエントは最近収録が少なかったので、少し新鮮である。

Hecq – Night Falls

そして、14曲目もアンビエント。
このつながりは綺麗だ。
この1曲で前半は完結する。良い終わり方だ。

https://youtu.be/irRwknRgbhE
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

【後半】

1曲目、Wilson Tanner / Sun Roomの静かな出だしから、2曲目でチル全開。

4曲目、Furns / Fortress、5曲目、Cathy Battistessa / Two Eye’sの女性ボーカルものも悪くない。

6曲目、Hazy J / Silverの少しピコピコ感も可愛らしくていい。

Hazy J – Silver

8曲目、Stratus / Oxwichにようやく陶酔系。

11曲目、FM-84 / Goodbye。
80年代のブリティシュ・ポップス・テイスト。
懐かしい感じがする。

FM-84 – Goodbye (feat. Clive Farrington)

12曲目、Pensées / Introはタイトル通り、最初に使ってもよさそう。
13曲目、Owsey / To the Child Drifting out at Seaは陶酔系のアンビエント。

14曲目、Gidge / Norrlandの終わり方もいい感じだ。

Gidge – Norrland

シリーズ一覧へ

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

同じ年の他のシリーズ

スポンサーリンク

曲目

cafedelmar22
Cafe del Mar 22
2016年
label : Cafe del Mar music

DISC1

  1. D.K. / Evening Shadows
  2. Blooms / Fall
  3. Ash Walker / Bongo Legs
  4. D-Pulse / Velocity of Love (Hot Toddy Mix)
  5. Double Yellow / Feed You (Ambient Jazz Ensemble Rework)
  6. Slowly Rolling Camera / Slowly Rolling Camera
  7. All India Radio / Sunburst
  8. Kasseo / In Your Eyes (feat. Cordelia O’Driscoll)
  9. Yann Dulché / Faith (feat. Dinia)
  10. Kinkajous / Vinam (feat. Mariama) [CHPLN Remix]
  11. Lyves / Darkest Hour
  12. GoGo Penguin / Murmuration
  13. Hecq / Night Falls
  14. Luke Howard / The Ends

DISC2

  1. Wilson Tanner / Sun Room
  2. Terrane / Carve Our Fate (feat. Thomas Prime)
  3. Doc Daneeka & Abigail Wyles / Tobyjug
  4. Furns / Fortress
  5. Cathy Battistessa / Two Eye’s
  6. Hazy J / Silver
  7. James Bright / Low
  8. Stratus / Oxwich
  9. Helios / Every Passing Hour
  10. Neeco Delaf / Anthropology
  11. FM-84 / Goodbye (feat. Clive Farrington)
  12. Pensées / Intro
  13. Owsey / To the Child Drifting out at Sea
  14. Gidge / Norrland

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.9
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.9
Aランク:
 Disc1:4曲目、14曲目
 Disc2:9曲目、11曲目、14曲目
Bランク:
 Disc1:1曲目、2曲目、8曲目、9曲目、10曲目、12曲目、13曲目
 Disc2:2曲目、4曲目、5曲目、6曲目、7曲目、10曲目、12曲目、13曲目

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました