Cafe del Mar 11の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

カフェ・デル・マーの第11弾。

ジャケットが凄い。思わず「ゴア・トランス」系のCDかと思った。ジャケット全体に千手観音(?)がドドーン!!!とアップで載っている。

このジャケットのもとネタはかつてIBIZAに行った無名の日本人が描いたものであるようだ。ジャケットの絵は1979年6月20日に完成したらしい。

こういうのを見ると、イビサにはヒッピー文化がまだ残っているんだなぁと感じてしまう。そして、Cafe del Marがそもそもヒッピー文化の影響を受けているのを再認識させてくれる。

このアルバムはCafe del Marの原点に立ち戻る姿勢、若しくは原点を忘れない姿勢を表明しているのかもしれない。

1曲目:さて、始まり方は、5枚目の感じによく似ている。ある意味、José Padillaの時の構成に戻った感じ。オリエンタルな感じの始まり方(ゴアっぽいといったら語弊があるか)。

2曲目:神聖な感じがする。ヨーロッパ中世の頃にたてられた大聖堂の中で聞いたら、背筋に電流が流れ、身震いするだろう。

6曲目:エフェクトのかかった男性ボーカルがセクシー。これにサックスが加わり、リズムがグルーブし始める。

別バージョンがBambuddha Grove – The Gatheringに収録されている。別バージョンの方はリズムがない。リズムがないと、かなり物足りない感じがする。

7曲目:ピアノと笛の音がゆっくりと時を刻む。こういう曲は定期的に現れては、Cafe del Marシリーズに収録されるが、やっぱ、いいね。

10曲目:日本人アーティスト。

13曲目:水族館の大水槽前で、巨大なジンベイザメやマンタが泳いでいるのを見ている時に聞きたい。

14曲目:正直DabはCafe del Mar所属のアーティストというだけでシリーズに収録されてきていたのだと思っていた。だが、やはりシリーズに収録されるだけの曲を書けるアーティストであることを証明した一曲。

シリーズ一覧へ

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

cafe-del-mar11

Cafe del Mar 11
Cafe del Mar once
2004年
compiled by BRUNO
label : Cafe del Mar music

Artist / titile
1 Rhian Sheehan / Te Karanga
2 M-Seven / Invisible
3 Ludvig & Stelar / Signal (Ambient Mix)
4 Jens Gad / Art Nouveau
5 Ohm-g & Bruno / In’side
6 Adani & Wolf feat. Praful / Where Would I Be (Memoria Vermelha Mix)
7 Sonic Adventure Project / Waters In Motion
8 Miro / Holding On
9 Rue Du Soleil / Estonia
10 Jp Juice / Cette Planete
11 Digby Jones / Under The Sea
12 Tactful / No Fear
13 Henrik T / Sueno de la Montana
14 Dab / Dream on

アルバムの評価

★★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.7
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.7
Aランク:14曲目
Bランク:1曲目、2曲目、3曲目、4曲目、6曲目、7曲目、9曲目、11曲目

〔参考〕
同年にCafe del MarでDJをしているPhil Mison, James Horrocks & Mark Meyerらが、”REAL IBIZA 7″を発表している。これを合わせて聞くと、この年のCafe del Marの音がより多く聞ける。あわせて聞いておきたい。

シリーズの前・後、同年

Café del Mar 10 前≪|≫次 Café del Mar 12

同じ年の別シリーズ

・なし

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました