Buddha Bar 5の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

Buddha Bar(ブッダ・バー)の第6弾。

前作よりも明らかに悪い。David VisanというDJは、どうも…

さて、このアルバムには、本人の曲が収録されている。Disc1の8曲目、11曲目、Disc2の11曲目。

ここまで、自分の曲を入れる入れるDJも珍しいですねぇ。しかも、自分の曲が、アルバムの中ではマシな部類に入っているのも問題あり。

うがった見方をすれば、自分の曲を光らせるために、他の曲をセレクトしたのか?

だが、本人の曲は、他のミックスではツナギの曲にしか使われないレベルだろう。これにあわせてセレクトすれば、アルバムのレベルは下がるのは道理である。

Disc1

1曲目:始まりの曲は静かに。ギターの旋律にあわせて、語りが入り、ボーカルへとつながる。シャンソンのような印象。どうも古くさい印象がある。

2曲目:古楽器の演奏を聴いている感じがしてしまう。どうも、1曲目のつながりで聞くと古く感じてしまう。

3曲目:個別で聞くと恐らく悪くない曲なのだろう。だが、つながりの中で聞くと、これまた土臭く、カントリー系の曲に聞こえてしまう。ここあたりで、アルバムのイメージが決まってしまうから、恐ろしい。

4曲目:通常、この手の曲がツナギの曲として主体になるのが、ラウンジでありチルアウトであろう。だが、それも前後のつながりがあってのこと。前後の中で、見捨てられてしまっている曲といえる。この曲は悪くない。
Café del Mar Ibiza Classics 3にも収録。

8曲目:曲名のタントラとは、中世のヒンズーで、女性原理であるシャクティー(性力)の教義を説く経典で、性欲など諸欲望を積極的に取り入れた密教の信仰だそうだ。だから、チベットというよりも、インディなのだ。

9曲目:えーと、いきなりポルトガルの民族歌謡=ファド?つながりが悪すぎ…

11曲目:8曲目に続くDavid Visanの曲。Disc1の中では比較的聞ける方の曲。

13曲目:中東な感じ。というより、トルコか?クラリネットとは違う独特の音色が哀愁を帯びる。

Disc2

1曲目:中世の教会音楽のような始まり。とはいっても、エニグマのようなグレゴリアンではない。クラシックな感じと言った方がよいかもしれない。

2曲目:このアーティストは音の傾向が様々でとても面白い。ジャズのテイストにダブやトリップホップの要素を取り入れたダウンテンポな曲が特徴としてよく挙げられるが、この曲はアラビック。

3曲目:今度はインディ。

4曲目:再びアラビック。

5曲目:少し変えて、ジプシー系。この辺りまでの流れは、まずまず。

6曲目:この古くさい歌謡曲のような曲を持ってくるか?前までの流れをシャットアウト。

7曲目:で、いきなりハウス?しかも、すこし攻撃的なキックとハット。おいおい…

8曲目:そして、アラビックなハウス。トランス程のBPMではないが、プログレッシブ・ハウス程度のBPM。使い方によってはゴア系統に持って行けるぞ。…って、こんな曲入れるな!

9曲目:同じピッチが続く。通常、ラウンジ系統の場合、ここまでのピッチの曲は持ってこない。よくて、ハードハウス/ディープ・ハウスどまりが普通。

10曲目:もう、何も言いません…。

11曲目:ん?フロア・トラックから一転。今度は、キャンプ・ファイアーで、みんなで一緒に踊りましょう!ってか??

13曲目:映画「アラビアのローレンス」のテーマ曲をリミックスしたもの。サントラは、ラウンジにもチルアウトにも相性がいい。もっと多用しても良さそうなものである。この曲は、このアルバムの中の良心といえるかもしれない。

スポンサーリンク

シリーズ一覧へ

Buddha Bar シリーズのリスト・一覧
パリに始まったBuddha Bar(ブッダ・バー)。いまや、世界中に広がっている。シリーズが複雑でわかりにくいためリスト化しました。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

BuddhaBar5
Buddha Bar
2003
Buddha Bar 5
compiled by : David Visan
label : George V

Buddha BarをAmazonで探す

DISC1
Artist / titile
1 Jade Or feat. Bielka Nemirovski / Nie Kantshaietsa
2 Mikis Theodorakis / I’ve Kept A Hold Of My Life
3 Refractory feat. J.C. Sindress & Youn Sun Nah / Road
4 Trumpet Thing / Far Away
5 Mystic Rhythms Band / Gesso’s Guitar Song
6 Angelique Kidjo / Lemanja
7 Elie Karam / Baadima
8 David Visan & Michael Winter feat. Ani Choying Drolma / Tamtra Tibet
9 Mariza / Loucura
10 Maria Papadopoulou / Maskaremeni
11 David Visan & Carlos Campos / Indra Story
12 Laurent Dury / Silk Road
13 Alihan Samedov / Sen Gelmez Oldun
14 Frederick Rousseau / Princess W. Cheng
15 Operatica / Mon Amour

DISC2
Artist / titile
1 Emma Shapplin / La Notte Etterna
2 dZihan & Kamien / Just You & I
3 Sarma / Muel
4 DJ Disse / Egyptian Disco (Buddha Bar Edit)
5 Gipsyland / Salaam (Duet With Anoushka)
6 Mondo Candido / Meglio Stasera
7 Latour / Blue
8 Despina Vandi / Gia
9 Giampiero Ponte feat. Moran / Sphynx (Club Mix)
10 Julie / Blinded
11 David Visan / Czardas
12 Rubin Steiner / Wunderlande
13 Ritchie Lawrence / Laurence d’Arabie (Ambient Mix)

アルバムの評価

★★★☆☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】1.6
【構成・バランス】C=1
【飽きのこなさ】D=0.5
【曲の好み】Av.0.1
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:-
Bランク:
 Disc1:4曲目、13曲目
 Disc2:1曲目、2曲目、13曲目

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました