映画「BECK」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

ハロルド作石の人気コミックの映画化です。映画化は1~10巻部分となります。

BECKは音楽をテーマとしているため、映画の中では音楽が鳴り響きます。BECKのバンドサウンドのモデルは、レッチリとオアシスです。

「鳴り響く」と書きましたが、実際にはコユキのボーカルが聞けることはありません。

なぜならコユキのボーカルはあまりにも凄すぎて表現できないからということのようです。

実際、どのような意図があってコユキのボーカルを削ったのかは分かりません。

ですが、ボーカルが消えているバンドの音楽と聞くのは、なんとも…なんとも「間抜け」でした。

同じく音楽をテーマにした映画。

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

田中幸雄、通称コユキは平凡な毎日を送る高校生。

学校ではヤンキーたちにこき使われ、つまらない毎日を送っていた。

ある日、犬を助けたことから、飼い主の南竜介と知り合う。

竜介は天才的なギターテクニックを持つニューヨーク帰りのミュージシャンだった。

彼の犬の名はBECK。

お礼に古いギターを譲り受けたコユキは、次第に音楽にのめりこんでいく。

一方、バンドメンバーを探していた竜介は、ボーカルの千葉とベースの平と出会い、BECKを結成。

だが、ヤンキー軍団にギターを壊されてしまったコユキは、竜介の怒りを買ってしまう。

諦めないコユキは、練習を重ねてギターの腕前をメキメキ上達させていく。

そんな彼の才能を密かに確信し、陰ながら応援する竜介の妹、真帆。

彼女に恋心を抱き始めるコユキ。

真帆や親友サクの協力で、コユキは竜介と和解。

腕前を認められ、サクと共にBECKのメンバーに迎えられる。

やがて竜介が新曲を完成させると、それが真帆のことを歌っていると知ったコユキは、自らボーカルを名乗り出る。

コユキの歌声は、メンバーだけでなく、来日していた人気バンド、ダイイング・ブリードのギタリスト、エディにも、ボーカリストとしての才能を認めさせることになる。

エディが竜介の親友だった関係で観客として訪れたダイイング・ブリードのライブ。そこでコユキはステージに呼ばれてしまう。

コユキの歌声に釘付けになる客席。その様子がwebサイトにアップされると、凄まじい反響が巻き起こる。

ついに、日本最大のロックフェスティバル、グレイトフル・サウンドからBECKに出演オファーがきた…。

映画情報(題名・監督・俳優など)

BECK
(2010年)

監督:堤幸彦
原作:ハロルド作石
音楽:GRAND FUNK ink.
音楽プロデューサー:
茂木英興
オープニングテーマ:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『Around The World』
エンディングテーマ:オアシス『Don’t Look Back Anger』

出演:
南竜介(竜介/Guitar)/水嶋ヒロ
田中幸雄(コユキ/Guitar&Vocal)/佐藤健
千葉恒美(千葉/Vocal&Rap)/桐谷健太
南真帆/忽那汐里
桜井裕志(サク/Drums)/中村蒼
平義行(平/Bass)/向井理
斎藤研一/カンニング竹山
益岡弘美/倉内沙莉
木村栄二(ベル・アーム)/水上剣星
諸積ヨシト(ベル・アーム)/古川雄大
兵藤マサル/桜田通
東郷/川野直輝
北沢力也/高橋努
ジョン・リー・デイヴィス/フロイド・リー
レオン・サイクス/サンキ・リー
佐藤和緒/松下由樹
蘭/中村獅童

タイトルとURLをコピーしました