Art Of Noise / The Seduction Of Claude Debussyの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

古巣のZTTに戻ってのリリース。

題名の通り、ドビュッシーを題材にしたアルバム。年月を経て復活したArt Of Noiseは、ひと味違った感じになった。

13曲目にはRoni Sizeによるリミックスが収録されている。

さて、Chill Outには使いづらい曲が多い。Chill Outを主眼とする当ホームページではこの評価をつけたが、アルバムのできとしては悪くない。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

artofnoise4
Art Of Noise
1999
Album title
“The Seduction Of Claude Debussy”
Label :ZTT Records

1 Il Pleure (At The Turn Of The Century)
2 Born On A Sunday
3 Dreaming In Colour
4 On Being Blue
5 Continued In Colour
6 Rapt : In The Evening Air
7 Metaforce
8 The Holy Egoism Of Genius
9 La Flute De Pan
10 Metaphor On The Floor
11 Approximate Mood Swing No:2
12 Pause
13 Metaforce-The Siza Of A Meraphor :mix by roni size
14 Dreaming : Colour Green (brothers in rhythm via art of noise)
15 out of this world (version 138)

アルバムの評価

★★★★☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.0
【構成・バランス】C=1
【飽きのこなさ】C=1
【曲の好み】Av.0.0
Aランク:-
Bランク:-

アーティストの紹介

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました