Art Of Noise / The Ambient Collectionの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

アーティスト別
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

1曲目、4曲目のサンプリングに日本語が使われている。なんと言っているのかは聞いてみよう♪

さて、このArt Of Noiseのアルバムのタイトルは”The Ambient Collection”である。

ある意味、この時代のアンビエントの音の雰囲気を良く伝えるアルバムだと思う。現在のアンビエントとはやはり違うタッチになっている。

この当時と現在とで大きく違うのは、機材だろう。特にパソコンの進化が音の違いにつながっている。そういう意味でも、このアルバムは当時を伝える作品として重要である。

さて、4曲目から5曲目は連続していると捉えると、意外とChill Outに使えるか。他にも今でも新鮮な感じを与える曲があるので、一聴の価値あり。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

artofnoise3
Art Of Noise
1990
Album title
“The Ambient Collection”
Label :China Records

スポンサーリンク

曲目

1 Opus 4
2 Opus For 4
3 Nothing Was Going To Stop Them Then, Anyway
4 Crusoe
5 Island
6 Camilla
7 Ode To Don Jose
8 Counterpiont
9 Roundabout727/Ransom In The Sand
10 Eye Of A Needle
11 Robinson Crusoe
12 A Nation Rejects
13 Art Of Love (7″Edition)

アルバムの評価

★★★★☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.1
【構成・バランス】C=1
【飽きのこなさ】C=1
【曲の好み】Av.0.1
Aランク:-
Bランク:4曲目、5曲目

アーティストの紹介

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました