4 hero / Creating Patternsの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

1曲目が美しい。ストリング・アンサンブルの繊細な音色と、重いダウンビートというのは何故かくも合うのだろうか?

一種の退廃的な雰囲気を感じさせるというのは、トリップ・ホップに通じる部分もある。かといって、悲壮的すぎないで凛とした強さを感じさせるのは、またトリップ・ホップとは違うものを感じさせる。

この1曲目の美しさに比べると、2曲目、3曲目、4曲目と段々と攻撃的になっていく。

そして、5曲目で再びストリングス系へと戻る。

全体として女性ボーカルものが多く、ブラックテイストの強い感じとなっている。

ボーカルは飛び出す使い方をしておらず、「楽器」のひとつとして使われているようである。やっぱり、こういう使い方をしなきゃ。

複雑に刻まれサンプリングされている生ドラムやパーカッションの奏でるビートは彼らのDrum’n’Bassで培われた技術というのが詰まっている。

音もスモーキーな感じがするのだが、意外とクリアに整形されているので、ひとつひとつの曲は意外とオシャレな感じだ。

音の感じもジャズからラテン、11曲目のように東洋系のメロディラインに男性MCを重ねるという変わった楽曲まで幅が広い。幅は広いが、アルバムを通しての全体のベースとなるのはジャズテイストである。

13曲目の「Les Fleur」はMinnie Ripertonのカバー。オリジナルは知らないが、ボーカル部分はほとんどそのまま使っているような気がするし、バックのいくつかはオリジナルをそのまま使用して、ベースラインなど数パートだけ付け加えただけのような気がしないでもない。

オリジナルがよい曲のためだろう、イイ感じですよ。この曲が好きな人は多いような気がする。

14曲目も悪くはないのだが…頼むからボーカルを女性ボーカルに変えてくれ。バックの繊細な音に全然マッチングしないので、気色悪い。ボーカルを女性に変えるだけで、全然雰囲気が変わる曲だ。

今回はジル・スコット、ロイ・エアーズ、マーク・マーフィー、テリー・キャリアー等、豪華ゲスト陣を迎えている。

1曲目がServe Chilled 59に収録されている。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

4heroCreattingPatterns

4 hero
Creating Patterns
2001
label : Universal

4 hero

1 Conceptions
2 Time
3 Golden Solitude
4 Twothesme
5 Another Day with Jill Scott
6 Hold It Down
7 Unique with Patricia Marxx
8 Something Nothing
9 Ways Of Thought
10 Eight
11 Twelve Tribes with Mark Murphy
12 2-BS-74638
13 Les Fleur
14 The Day Ot The Greys with Terry Callier
15 2000 Black with Roy Ayers
16 B-Side-Track

アルバムの評価

★★★★★★★☆☆☆
【評価の内訳】3.6
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.1
Aランク:-
Bランク:1曲目、13曲目

4 hero(4ヒーロー):
マーク・マックことマーク・クレアー、ディーゴことデニス・マクファーレンの2人組のプロデュース・チーム。共にジャマイカ、トリニダード他、旧英領西インド諸島出身の二世である。十代前半で経験したヒップホップを原点にもつ。これにジャズやファンク、ソウルなどブラック・ミュージックの影響を受けながら育つ。
ジャングル、ドラムンベースのミュージックシーンにおいて、初期から活動するアーティストの一組。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました