Massive Attack(マッシヴ・アタック):トリップ・ホップ、ブリストル・サウンドの雄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

プロフィール

Bristol(ブリストル)での、Hip Hop DJ集団・WILD BUNCHがDaddy Gらによって活動開始。ここに、Tricky(トリッキー)も参加していた。そこにグラフティ・アーティストのRobert Del Naja(3D)が参加。そして、Andrew vowles(Mushroom)が参加。

このWILD BUNCHに参加していたDaddy G、Robert Del Naja(3D)、Andrew vowles(Mushroom)がMassive Attackとして活動を開始。

1988年に自主制作のシングル「Any Love」をSmith&Mighty(スミス&マイティ)らの協力を得てリリース。

1990年にはボーカルにShara Nelsonを呼びMassive Attackとしてアルバム「BLUE LINES」をリリース。

1994年にTrickyも参加した2ndアルバムを制作。Tracy Thornと Nicoletteがボーカル参加し、アルバム「Protection 」をリリース。また、「Protection」のDub remixとして「No Protection」をリリース。

1997年に、自身のレーベルMelankolicを立ち上げる。1998年サードアルバム「Mezzanine」をリリース。

1999年にMushroomが脱退。

3DとDaddy Gの二人で活動を続け、2003年「100th Window」をリリース。しかし、制作は実質3Dだけによるものだった。

スポンサード

アルバム

  1. Blue Lines (1991)
  2. Protection (1994)
  3. Mezzanine (1998)
  4. 100th Window (2003)
  5. Heligoland (2010)

関連記事など

スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする