Art of Noise(アート・オブ・ノイズ):サンプリング・ミュージックの先駆者

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

プロフィール

ArtOfNoise

Art Of Noise(アート・オブ・ノイズ)は奇才トレヴァー・ホーンのレーベルから1983年デビュー。

当初、メンバーの正体を明かさなかったので、トレヴァー・ホーンのソロプロジェクトと目されることもあった。

そのことがあり、レーベルを移籍してしまうが、後にジョナサン・J・ジェック・ザリックとアン・ダドリーとゲイリー・ランガンのユニットであることが判明した。

当時あまり普及してなかったサンプリング手法を取り入れ、アルバムを作成したため「サンプリング・ミュージックの先駆者」ともいわれる。
テクノ、ハウス、ヒップ・ホップなどに与えた影響ならず、その他のあらゆる音楽シーンに与えた影響は計り知れない。

1990年代に一端は自然消滅するのだが、1999年に再結集して作品を発表。

なお、グループ名は、イタリアの未来派画家、作曲家、楽器発明家のルイージ・ルッソロの論文「騒音芸術(Art Of Noises)」からとっている。

アルバム

  1. Who’s Afraid of the Art of Noise? (1984年)
  2. In Visible Silence (1986年)
  3. Daft (1986)
  4. Re-works of Art of Noise (1986)
  5. In No Sense? Nonsense! (1987年)
  6. The Best of the Art of Noise (1988)
  7. Below the Waste (1989年)
  8. The Ambient Collection (1990)
  9. The FON Mixes (1991)
  10. The Drum and Bass Collection (1996)
  11. The Seduction of Claude Debussy (1999年)
  12. Reduction (2000年)
  13. The Abduction of the Art of Noise (2003)
  14. Reconstructed (2004)
  15. And What Have You Done with My Body, God? (2006年)
  16. Influence (2010)
  17. At The End of a Century (2015)