Phil Mison(フィル・ミソン):Cantoma(カントマ)名義で知られるチルアウト界の重鎮

この記事は約1分で読めます。

プロフィール

Phil Mison(フィル・ミソン)はイギリス出身。UKバレアリック・シーンを牽引し続ける第一世代。

1991年にロンドンの名クラブ、Milk BarでDJとしてスタート。

1992年の11月頃にJose Padillaと初めてロンドンのタグ・レコードという レコード屋で出会った。

1993年の4月、Jose Padillaが一ヶ月間タイでDJするため、不在の一ヶ月Cafe Del MarのDJを頼まれる。

そして、Cafe Del Marで2年続けてレジデントDJを務めた。

1995年に初のミックスCD「Chillout – The Album」を手掛け、数多くのレーベルよりコンピレーションとミックスCDをリリース。

1990年代の後半に音楽制作を開始し、ソロ・プロジェクトCantomaのアルバムを発表。

他の名義として、Pete HerbertとのReverso 68や、Ambalaがある。

アルバム

  1. Cantoma (2003)
  2. Out Of Town (2010)
  3. Just Landed (2016)