Phil Mison(フィル・ミソン):Cantoma(カントマ)名義で知られるチルアウト界の重鎮

アーティスト紹介
この記事は約1分で読めます。

プロフィール

Phil Mison(フィル・ミソン)はイギリス出身。UKバレアリック・シーンを牽引し続ける第一世代。

1991年にロンドンの名クラブ、Milk BarでDJとしてスタート。

1992年の11月頃にJose Padillaと初めてロンドンのタグ・レコードという レコード屋で出会った。

1993年の4月、Jose Padillaが一ヶ月間タイでDJするため、不在の一ヶ月Cafe Del MarのDJを頼まれる。

そして、Cafe Del Marで2年続けてレジデントDJを務めた。

1995年に初のミックスCD「Chillout – The Album」を手掛け、数多くのレーベルよりコンピレーションとミックスCDをリリース。

1990年代の後半に音楽制作を開始し、ソロ・プロジェクトCantomaのアルバムを発表。

他の名義として、Pete HerbertとのReverso 68や、Ambalaがある。

アルバム

  1. Cantoma (2003)
  2. Out Of Town (2010)
  3. Just Landed (2016)
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました