Chicane(シケイン):チルアウトからトランスまで幅広い音楽性をもつアーティスト

この記事は約2分で読めます。

プロフィール

もともとはNick BracegirdleとLeo ElstobではじめたDisco Citizenが始まり。

レーベルをXtravaganzaに移籍し”Chicane”と名前を変更した。その後、Leo Elstobが抜けたため、Nick Bracegirdleのソロプロジェクトとなっている。

Nick Bracegirdleはクラシック・ギターとピアノを幼い時から学んでいたが、Jean Michel JarreやVangelisなどの旋律の美しい電子音楽に影響を受けた。のちにメロディアスなダンス・ミュージックを目指すきっかけとなっている。

12歳の時には、レコーディング・スタジオで音楽を創り、レコード・レーベルにデモを送っている。

曲は幼い時の長期休暇で過ごしたイビサのリラックスした感じと、夏の雰囲気に影響を受けている。また、Giantsまでのアルバムは、平均的な日々のサントラであるともいう。

1999年にリリースした”Saltwater”が話題をさらった。ボーカルを取り直して1999年に再リリースされたバージョンが有名。Clannadの1982年のヒット曲”Theme From Harry’s Game”をリミックスしたもので、モイヤ・ブレナンのボーカルを使っている。

ChicaneをAmazonで探す

アルバム

  1. Far from the Maddening Crowds (1997)
  2. Behind the Sun (2000)
  3. Somersault (2007)
  4. Giants (2010)
  5. Thousand Mile Stare (2012)
  6. The Sum of Its Parts (2015)
  7. The Place You Can’t Remember, The Place You Can’t Forget (2017)