道の駅にのみや

二宮尊徳ゆかりの地

栃木県の真岡市にある道の駅。旧二宮町にある。

二宮町は二宮尊徳(二宮金治郎)にゆかりのある町で、二宮尊徳が長い期間住んでいた場所だそうだ。それもあり、銅像が立っている。

また、案内板によると、この地域出身者として、日光輪王寺を作った勝道上人もいるようだ。

公式ホームページに書かれているように、イチゴ栽培が盛んな地域で、道の駅でも当然のように売られている。

そのイチゴを使ったスイーツも用意されている。特にイチゴが入ったジェラートが人気のようだった。

早速並んで買って食べてみた。期待を裏切らない美味しさで、何よりもイチゴがみずみずしいのが良かった。イチゴ好きは、一度は食べてみるべきだろう!

道の駅にのみやは栃木県真岡市二宮地区の道の駅です。栃木県はいちごの産地として有名ですが、特に真岡市での生産が盛んで、そんな真岡市にある道の駅であるにのみやは”いちごの道の駅”いちごのシーズンである冬はもちろん、夏から秋にかけてとれるなつおとめも味わうことができ、ほぼ一年中とれたてのいちごを楽しむことができる道の駅です。生のいちごを楽しめることはもちろん、いちごを使ったオリジナルのスウィーツも充実しており、大人気です。

場所など

所在地: 〒321-4521 栃木県真岡市久下田2204−1
時間: 9時00分~18時00分
電話: 0285-73-1110