Amethystium / Odonataの紹介と感想

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

2枚目のアルバム。いろんな要素を取り入れている。
ニューエイジでもあり、ワールドビートでもあり、グレゴリックでもあったりする。
ごった煮の感じで、まだ明確にAmethystiumの色というのが出ていない感じ。
だが、音色やリズムなどに一定の傾向が見え始めてもいる。

2曲目や3曲目がそうした傾向が見えている曲だと思う。

ごった煮の印象を受けるのが、4曲目から5曲目、6曲目、7曲目の展開。
5曲目はニューエイジの色合いが強すぎる。6曲目、7曲目も同様。
この流れは好みでない。

この後の展開もパッとしない・・・。

で、11曲目Arcane Voicesでグレゴリアン。
これだけ切り出せば悪くないが、なぜこの展開?

13曲目Etherealはわるくない。
私の中でのAmethystiumの音はこんな感じ。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Amethystium-Odonata


Amethystium
Odonata
(2001)

AmethystiumAmethystium / Odonataの紹介と感想1x1.trans

  1. Opaque
  2. Ilona
  3. Enchantment
  4. Dreamdance
  5. Tinuviel
  6. Avalon
  7. Calantha
  8. Odyssey
  9. Fairyland
  10. Paean
  11. Arcane Voices
  12. Ascension
  13. Ethereal
  14. Lhasa

アルバムの評価

★★★★★★☆☆☆☆
【評価の内訳】3.3
【構成・バランス】B=1.5
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.3
Aランク:-
Bランク:2曲目、3曲目、11曲目、13曲目、14曲目

プロフィール

Amethystium
ノルウェーのOystein Ramjford(オイスタイン ラムフォード)のユニット。

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする