[紹介]株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる:伊藤智洋(日本実業出版社)[要約]

この記事は約2分で読めます。

“伊藤流”必勝のステップ

副題「チャート分析の第一人者が生み出した究極の投資法 」

お勧めする方法は、投資先を決めて、シナリオを想定し、徐々に投資額を増やして行くやり方。
投資先を決めることで、年間で動く幅、利益を自分のものにできる時期が見えてくる

シナリオの描き方
1.1年間のシナリオを描く
2.そのシナリオがあたっていれば利益になる
3.はずれていればやめる
 ↓
いったん仕掛けたら、はずれたと判断する状況まで放っておくだけ
シナリオがあたっていれば、目標値を超える場面が現れるので、そのときに手仕舞いすればいい

投機資金は動きを欲している

くるかもしれないではなく、くるはずだと考える

1992年から2013年までの日経平均先物の変動幅は3,000円程度の幅では動いている。
8,000円以上であれば、3,000円の幅
15,000円以上であれば、5,000円の幅

そして、

需給は決まった時期にしか変化しない

季節要因は通常の状態
日本の場合、3月、4月に売買高が増加する。資金を移動しなければならない、資金を振り分けなければならない時期だからである。
必ず取引量が増加する。

 また

ヘッジファンドの多くは、解約できるタイミングを四半期末に限定している
2月15日(3月末の45日前)
5月15日(6月末の45日前)
8月15日(9月末の45日前)
11月15日(12月末の45日前)
は株価が下がりやすい 

短期の市場参加者はビクビクしている

1.短期市場参加者は、条件が整ったとき積極的な行動を起こす
2.短期の市場参加者はびくびくしている
3.短期市場参加者は短い期間で利益を得たい

目次

はじめに
第1章 日々の値動きを追いかけていても株式投資で勝つことはできない
第2章 相場の値動きは毎年似たようなものになっている
第3章 値動きのシナリオがあれば迷いなく投資できる
第4章 上昇に入るときはタイミングとチャートの形でわかる
第5章 「積極的な上昇局面」での動き方の特徴
第6章 シナリオ売買で儲けるための仕掛けから手仕舞いまでのまとめ
おわりに

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました