Islands Of Chillの紹介と感想(超超おススメアルバム)

このアルバム

すごい一枚である!!!
こんなディープなチルアウトがあっただろうか。選曲がすばらしい。
(しかし…、コンピにも関わらず、曲のアーティスト名が全然わからない。)

出だしの1曲目Wellness Feeling @ St. tropezから良い。
グレゴリアンな感じだが、ディープ目のチル。
アルバムの特徴であるディープ感を最初に示してくれている。

3曲目Bali Chill Grooveの浮遊感漂うディープな感じがとても気持ちいい。
何て素晴らしい選曲。

4曲目Mykonos Sundown Feelings。この暗さはTrip Hopに通ずる。
ボーカルも暗めのハミング。だが、綺麗だ。
ギター音の音色もいい。

10曲目Gran Canaria Sunset Session。そういえば、ピアノが使われているのは少ないかもしれない。
最初のディープさから、徐々に明るさが出てくる選も、よく考えられている。

12曲目Isla Margerita。きれいに仕上がる。
最初のディープさに比べると後半は明るくなるが、終盤の曲ですら、他のチルアルバムの中に入ると相当ディープな部類。

そういえば、曲名に地名が入り込んでいるのが多い。それもリゾート地が多い。
イビサ島(スペイン)、バリ島(インドネシア)、ミコノス島(ギリシア)、リミニ(イタリア)、ハワイ、ゴア(インド)、パンガン島(タイ)、グラン・カナリア島(スペイン)、モーリシャス(東アフリカ)、マルガリータ島(カリブ)

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

IslandsOfChill
Islands Of Chill
(2005)
Selected by DJ Maretimo
Maretimo Records

Islands Of Chill

  1. Wellness Feeling @ St. tropez
  2. Ibiza Sun (Get Down)
  3. Bali Chill Groove
  4. Mykonos Sundown Feelings
  5. Da Sun Is Gone @ Copa Copana
  6. Rimini Chill (Lost In Paradise)
  7. Relaxing Hawaii (Sun and Water)
  8. Goa Jam (Indian Summer)
  9. Koh Phagan (Time of Passion)
  10. Gran Canaria Sunset Session
  11. Mauritius I C U Again
  12. Isla Margerita

アルバムの評価

★★★★★★★★★★
【評価の内訳】5.1
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.1.1
Aランク:1曲目、3曲目、4曲目、10曲目、12曲目
Bランク:2曲目、5曲目、6曲目、7曲目