那珂川町馬頭広重美術館 ジャパニーズモダンが光る建物

那珂川町馬頭広重美術館の看板旅行
この記事は約2分で読めます。
那珂川町馬頭広重美術館の看板
スポンサーリンク

安藤広重・歌川広重の浮世絵

幕末の浮世絵師歌川広重の作品を中心とする浮世絵の美術館。青木コレクションが所蔵品の核。

隈研吾氏の設計による建物は、「広重の芸術と伝統を表現する伝統的で落ち着きのある外観」をコンセプトとし、自然豊かな那珂川町の景観に溶け込むよう、ゆったりとした平屋建てに切妻の大屋根になっている。

那珂川町馬頭広重美術館の正面

美術館全体は、地元産の八溝杉による格子(ルーバー)に包まれ、時間とともに移りゆく光によってさまざまな表情を見せる。内装にも地元の材を使い、壁は烏山和紙床は芦野石でできている。

那珂川町馬頭広重美術館の入り口
那珂川町馬頭広重美術館の入り口付近

馬頭広重美術館の玄関周辺の景色。シンプルなデザインは、いかにもジャパニーズモダン。

裏手には静神社(武茂城跡)と乾徳寺がある。

那珂川町馬頭広重美術館の裏手
那珂川町馬頭広重美術館の看板

前の道をずーっと茨城の方へ走っていくと、お菓子処ふるさわがある。

スポンサーリンク

近隣の古代遺跡・史跡

周辺には古代遺跡や史跡が固まっているので、歴史に思いをはせて見学するのもおススメ。

  1. 唐の御所(国指定史跡)
  2. 那須官衙遺跡(国指定史跡)
  3. 那須国造碑(国宝)
  4. 那須神田城跡(国指定史跡)

情報

公式ホームページ

住所&地図

〒324-0613 栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
電話番号:0287-92-1199

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました