Sting / Sting at the Moviesの紹介と感想

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994に足りない曲があったのと、スティングの曲が結構映画に使われていることを知るのにもいいディスクとしてあげてみる。ラウンジ参考ディスク。

ここでラウンジ向きの曲としては、4曲目、7曲目、13曲目、15曲目をあげておく。

それぞれ4曲目は「イングリッシュ・マン・イン・ニューヨーク」(1988年)、7曲目は「レオン」(1993年)、13曲目は「サブリナ」、15曲目は「ザ・リヴィング・シー」で使われている。

曲目

StingAtTheMovies

Sting
Sting at the Movies
1997
A&M Records

StingSting / Sting at the Moviesの紹介と感想1x1.trans

  1. De Do Do Do, De Da Da Da
  2. I Burn For You
  3. Need Your Love So Bad
  4. Englishman In New York(1988年のバラード一覧
  5. Someone To Watch Over Me
  6. Demolition Man
  7. Shape Of My Heart(1993年のバラード一覧
  8. All For Love
  9. The Secret Marriage(1987年のバラード一覧)…「…Nothing Like the Sun」収録
  10. This Cowboy Song
  11. It’s Probably Me
  12. Angel Eyes
  13. Moonlight
  14. My One And Only Love
  15. Fragile(1988年のバラード一覧
  16. Murder By Numbers
  17. Valparaiso

Sting(スティング)プロフィール

ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー CBE(Gordon Matthew Thomas Sumner, CBE)
1951年生まれで、イギリスのニューカッスル・アポン・タイン出身。
1977年にポリスを結成。1978年にA&Mより「ロクサーヌ」でデビュー。ベーシスト兼ボーカルとして活躍。ポリス自体は1984年に活動休止したが、その後もソロで活動。

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする