Andru Donalds / Andru Donaldsの紹介と感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

声質というのに着目したい。チルアウト、ラウンジの参考ディスク。

チルアウトやラウンジは歌い上げる曲、ボーカルが出っ張る曲、つまりは「歌」よりも、ボーカルが楽器となって「曲」を構成しているものがかなりある。

また、そうしたボーカルものは、哀愁感のあるものが多く、ボーカルもそうした雰囲気をぶちこわさないように繊細もしくは、やさしいものが多い。

このAndru Donaldはそうした繊細なボーカルの持ち主である。これゆえか、Enigmaのボーカルとしても「The Screen Behind The Mirror」以降で参加している。

3曲目などはAndru Donaldのいいところが聞ける。この曲はリミックスも多いので、そうした曲でもボーカルの声質というのも確認できる。
1994年のシングルカット。

9曲目もAndru Donaldの声質のよさが出ている。

10曲目のバラードもいい。シットリとした曲にとてもあっている。こうしたバラードはチルアウトやラウンジにあうかもしれない。

スポンサード

曲目

AndruDonalds

Andru Donalds
「Andru Donalds」
1994
Blue Note Record

Andru Donalds

  1. Face That I Once Knew
  2. Lover Free
  3. Mishale(1994年のバラード一覧
  4. My Sensual Love
  5. Tryin’ to Tell Ya
  6. Cryin’ in the Rain
  7. Sweetness
  8. Ronnie Don’t Fall
  9. Why Do You Lie
  10. Just Give Me Time
  11. Save Me Now
スポンサード

Andru Donalds(アンドルー・ドナルズ)プロフィール

ジャマイカ出身の黒人ミュージシャン。高校時代はビートルズやT-Rexなどを聞いていた。そのため、アルバムはレゲエ意外にロックの要素をもっている。

関連記事など

スポンサード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする