Deep Forest / Bohemeの紹介と感想(超おススメアルバム)

この記事は約2分で読めます。

このアルバム

ジャケット内に書かれているのだが、「我々の耳は突然、東からの風をとらえた」そうだ。

その名の通り、ボヘミア、トランシルバニアなどの民俗音楽をサンプリングした作品。かなり多くのサンプリングをしている。ルーマニア、ハンガリー、ベラルーシ、台湾、モンゴルなどの他の地域の音もサンプリングしているようで、ボーダレスなアルバムとなっている。

曲自体はポップな感じもあり、アルバム全体としてかなり聞きやすい。

こういうアルバムから聞き始めて、他の民俗音楽などに手をのばしていくのがいいと思う。

リズムも重いキックを使ったハウスよりのものとなっている。やっぱり、民俗音楽とクラブ・ミュージックとは相性がいいのを示しているアルバム。1996年にグラミー賞のベスト・ワールド・アルバムを獲得。

12曲目のシンセ部分はリミックスすればチルアウトに使えそうだ。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

DeepForest-Boheme

Deep Forest
1995
Album title “Boheme”
Label:Sony Music

Deep Forest

1 Anasthasia
2 Bohemian Ballet
3 Marta’s Song
4 Gathering
5 Lament
6 Bulgarian Melody
7 Deep Folk Song
8 Freedom Cry
9 Twosome
10 Cafe Europa
11 Katharina
12 Boheme

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.6
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.6
Aランク:-
Bランク:2曲目、3曲目、4曲目、6曲目、7曲目、8曲目、9曲目、12曲目

Deep Forest(ディープ・フォレスト)プロフィール

フランス人、Eric Mouquet(エリック・ムーケ)とMichel Sanchez(ミッシェル・サンチェーズ)の二人組。
エスニックな音楽をエレクトリックな音でミクシングしたワールド・ミュージックを作曲する。アルバム・セールスの一部はチャリティに寄付されている。
1996年には”Boheme”でグラミー賞のベスト・ワールド・アルバムを獲得。