Enigma /the Screen Behind the Mirrorの紹介と感想

シェアする

おススメ
おススメ:【本】Kindle Unlimited、【音楽】SoundCloudMixCloud

関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

このアルバム

始まりはいつものよう。

この1曲目は題名にふさわしく、壮大な展開をみせる。サンプリングとして使われているのはCarl Orff(カール・オルフ)の”Carmina Burana(カルミナ・ブラーナ)”。

このCarl Orffの”Carmina Burana”は3曲目でも使われている。

6曲目と10曲目がチルアウトに使えそう。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

Enigma-TheScreenBehindTheMirror

Enigma
2000
Album title
“the Screen Behind the Mirror”
Label : Virgin

EnigmaをAmazonで探すEnigma /the Screen Behind the Mirrorの紹介と感想1x1.trans

1 The Gate
2 Push the Limits
3 Gravity of Love
4 Smell of Desire
5 Modern Crusaders
6 Traces (Light and Weight)
7 The Screen Behind the Mirror
8 Endless Quest
9 Camera Obscura
10 Between Mind & Heart
11 Silence Must Be Heard

アルバムの評価

★★★★☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.2
【構成・バランス】C=1
【飽きのこなさ】C=1
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:3曲目、6曲目、10曲目

プロフィール

Enigma(エニグマ)は、Michael Cretu(マイケル・クレトゥ)のソロ・プロジェクトである。
1990年から活動を始めている。
デビュー・アルバム”MCMXC a.D.”(1990年)はヨーロッパ中でセンセーションを巻き起こした。
グレゴリアン聖歌をベースにしたダンストラックが新鮮であった。
Michael Cretu(マイケル・クレトゥ)はスペインのイビサ島に住んでいる。

関連記事など

スポンサード

シェアする

フォローする